ブリーチをするかしないかの違い。【色の見え方・髪への影響】

ヘアカラー

美容院での場合ブリーチというのは、

髪の色素を抜いて白に近づける

【脱色】をブリーチと呼びます。

実際は現状のブリーチ剤では

白まで脱色することは不可能なので

髪質によっての違いはあれど、

金髪くらいの仕上がりになることが多いです。

さらに普通のカラー剤にも脱色効果として、

ブリーチは配合されているので、

髪を明るくする目的には必要不可欠なものです。

【今さら聞けない】ヘアカラーが色落ちしたら明るくなるワケ

ブリーチの配合割合によって、

脱色具合は変わってきます。

最近はカラーシャンプーやカラートリートメントの普及で

ブリーチ剤を使った施術もしやすくなって、

求める人も増えたと思います。

【必見】ヘアカラーをもたせるケアと補うケア【色落ち問題】

それでも、したことない人のために

普通にカラーをするのと、

ブリーチで1度脱色してからカラーするのでの、

見え方・影響の違いを解説します。

美容師歴18年・内カラーリスト歴10年の経験をもとに話していきます♪

違い1 色味

ブリーチカラーの場合まずブリーチで髪を脱色します。

その後希望の色味のカラー剤を入れていくわけなのですが、

普通のカラーよりできる色味のバリエーションが

非常に豊富です。

ブリーチでの色の脱色の仕方や回数なんかで

できる幅は変わってきますが、

ほとんどできない色味は無いんじゃないかなと思います。

こんな感じのカラーも作れたりします。

ハイライトやインナーカラーなんかでも

ブリーチを使うことは多いですが、

1度ブリーチを使って染めることで、

印象を変えて、よりデザインの幅を

広げることができます。

 【人気のインナーカラー】やる前とやった後に感じるズレを解説。【イメージより・・・】

ハイライトの場合は、

白髪ぼかしとしても使ったりしますね

 白髪染めでも明るいカラーを楽しみたい人が知っていて欲しい事。

違い2 透け感

最近は普通のヘアカラーでも、

クオリティがどんどん上がっているので

高い艶感と透け感が出せますが、

それを上回る透け感を見せることができます。

透け感は色味や明るさとはまた別にヘアカラーで

求められる質感の1つだと思います。

透け感が出ると髪が軽く見えたり

暗めに作っても重く見えません。

カウンセリングしてても

求められることがとても多くなりましたね♪

違い3 ダメージ

みなさんわかっているとは思いますが、

髪にかかるダメージレベルは

だいぶ変わってきます。

ブローなど何もしない状態だと、

手触り柔らかさは普通のカラーより

影響が大きいです。

髪が思った以上にゴワゴワになったり

時間の経過とともにギシギシになったりします。

パーマやカラーでうける2種類のダメージについて解説。【極力抑える方法も】

通常のカラーやパーマに比べると

どちらで受けるダメージはとても大きいので、

アフターケアは大事です。

そうなる前にヘマチンシャンプーなどで、

ダメージの原因になる成分を

しっかり除去してあげると

受けるダメージを最小限に抑えることが出来ます。

有能成分【ヘマチン】のメリットとデメリット

Naru shampooなんかは、そこのイメージも

強く持っていたので、おすすめです!

【さっぱり洗えて低刺激】Narucos labo. Naru shampooの紹介【ヘマチン配合】

ちなみに市販のシャンプーなんかでも

色々おすすめはしていますが、

ブリーチカラーではあまりおすすめは出来ないので、

こちらの記事のシャンプーを使って下さい!

【超簡単!】ヘマチンシャンプーの見分け方。【おすすめシャンプーも紹介!】

市販のカラー用シャンプーが、カラー毛に対してほぼ意味がない理由。

SNSなどを見るとブリーチカラーなのに

つやつやさらさらな髪の人も見かけますが、

まず間違いなくヘアアイロンなどで

スタイリングしていると思います。

違い4 色もち

色もちも普通のカラーに比べると

あまり良くはないです。

ヘアカラーはだいたい2ヶ月くらい

もちだと言われています。

もちろんダメージ・髪質・希望の色味・調合

なんかのバランスでもちが良かったり

悪かったりと差はあります。

それに対して、ブリーチカラーの退色は

さらに早く、何週間で色が抜けます。

なかなかここは変わらないのですが、

カラーシャンプーやカラートリートメントの

バリエーションが増えたことで、

自分でメンテナンスしやすくなったので、

美容師側として助かりますし、

色もちの関しては進めやすくなりましたね。

【カラーのメンテナンスを自分で!】 カラーシャンプーの紹介

【必見】ヘアカラーをもたせるケアと補うケア【色落ち問題】

違い5 伸びた黒髪の気になり具合

日本人の髪の毛はだいたいが黒髪なので、

毛先をブリーチして金髪くらいまですると、

普通にカラーだけするよりか、

伸びてきた根元と毛先の明るさの差が

大きくなるので少し伸びただけでも、

すごく気になります。

最後に〜ヘアカラーのクオリティは上がっているが、ブリーチしないと出せない色味・デザインは多い〜

年々ヘアカラーの考え方も薬剤も

クオリティが上がってはきてますが、

それでもブリーチカラーでないと、

出せない色味・デザインは多くあります。

今回の違いを加味して

ぜひ美容師さんに相談して

ヘアカラーを楽しんでください!

ちなみに最近は【ケアブリーチ】とかが人気ですが、

決して傷まない!というわけではないので、

そこは理解しておいて下さい。

参考になれば嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました