ピンク・レッド系のカラーのもちが悪いあなたへ【特別な知識はなくてももち良くなる方法教えます】

ヘアカラー

ヘアカラー需要が多い時代において、

ヘアカラーの色もち問題は常に気になりますよね。

今回は、カラーの調合やメーカーの種類とか専門的なこと以外で、

なるべくもちを良くする方法を伝えます。

もちろん、髪質やダメージ度合いなどで色もちは変わりますが、

なるべくもたせられる方法です。

今日は、暖色と言われるピンクとかレッドなどの系統のカラーの話をしていきます!

放置時間を長くする。

ヘアカラーを髪の毛に塗布した後に、時間を置いて定着させますが、

この放置時間を長く設定をすると色もちが良くなります。

色味の性質上、基本的に暖色系のヘアカラーのほうが、色もちは良いはずなんですが、

定着に時間がかかります。(分子量とかの問題)

なのに、だいたいの人は放置時間を一定に決めてるので、

暖色系の場合は定着しきる前にシャンプーをしてしまいます。

それだと、当然色もちは良くないですね。

なので、通常の放置時間より5〜10分長く時間をおいてみてください!

個人的にも、暖色系のカラーの場合もちろんケースにもよりますが、30分くらい放置してます。

海外のカラリストさんとかだと、もっと長く放置する人もいるみたいですが、

流石にそれは負担大きすぎるので、これくらいにしてます。笑

ただある程度「置けば置くほど」の部分はあるので、

ホームカラーをしている人は、出来る限り放置してみて、

サロンカラーの人は、「染まりづらいので、長めに時間置いてください。」みたいな感じで伝えてみてはどうでしょうか?

もちろん皮膚刺激や髪への負担はしっかり考慮してください!

繰り返し暖色系のカラーをする。

年々、ヘアカラーの色味だったり、テクニックだったりは、増えてきているので、

色々な色味だったり、デザインだったりを楽しみたい人は多いと思いますが、

色もちの話でいくと、繰り返し同じ暖色系のカラーをしている人の方が、

定着力が上がるので、色もちが良くなります。

欲を言えば、色落ちしきる前に染め直せるとよりいいですね。

ただ、欠点が1つあってやり過ぎると逆に赤味が抜けにくくなるので、カラーチェンジが難しくなっちゃいます。

そこは、注意が必要です。

まとめ

最後に前述してますが、カラー剤は色味によって分子量っていうのが違うので、

髪の毛への定着の具合が変わってきます。

そんな中今回の方法は、アッシュやカーキなどの寒色と言われる系統のヘアカラーには向かないので注意してください。

色が濁って、暗くなってしまいます。

ピンク系などの色もちに悩んでる方への参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました