白髪染めで、明るいカラーを楽しみたい人が知っていて欲しい事

サロンワーク

ヘアカラーの、おしゃれ染め(ファッションカラー)と、白髪染め(グレイカラー)と分けて考えてる人はまだまだ多くて、

白髪染めは暗いカラーでしか楽しむことは出来なくなってしまうと思ってる人は割と沢山います。

ただ、実際そんなことはなく、言うなら明るいカラーを楽しむための考え方を変えるってイメージです。

その違いを理解してもらえれば、どんな髪でも色々なカラーで楽しむことは出来るので、

美容院に来る楽しみを1つ増やす為に知っておきたい事を解説したいと思います。

ヘアカラーは暗いほど白髪がしっかり染まり、明るいほど白髪をぼかしてくれる。

そのまんまなんですけど、そういう事です。

明るさのレベル表した毛束ありますよね。

これの数字が大きければ大きいほど明るいんですが、

基本的にはタイトル通りで暗ければ暗いほど白髪もしっかり染まって、明るければボカす感じのカラーになります。

暗いほどしっかり染まって、明るいと周りの黒毛を明るくしつつ、ちょっと白髪にも色が入ってボカす感じになります。

最近はカラー剤のクオリティも上がってるので、割と明るめでもしっかり染まることも多くなりましたが、基本はタイトル通りのシステムです。

言葉で聞くと、やっぱ明るいと染まらないのかぁ・・・と思いますが、

髪質と技術が合えば、ボカすカラーもほとんど白髪がわからないくらい馴染みます。

伸びてきた時の、気になり具合としても、暗い色だと白髪がすぐ気になるのに対して、

明るく染めた方が、伸びてきてもそもそも毛先が明るいので、

暗く染めた時と同じくらい伸びてても目の錯覚で気になりにくく、もちが良く感じます。

全体的に明るいのはやりすぎかな…と思う人はハイライト(メッシュ)もあり。

こんな感じのカラーです。

デザインとしても可愛いですし、毛先に向かって明るいラインを作るのは、結構白髪をぼかしてくれるし、

伸びてきても目立たなくみせてくれるのでおすすめです!

ただ、感じ方は人それぞれで、元々のカラーによっては、あまりぼかせてるように感じれない人もいるので、美容師さんとよく相談しましょう♪

1番白髪をぼかしてくれるカラーは明るいベージュ系

カラー剤の色味によって白髪の染まり具合というのは、さほど大差はないと思いますが、

見た目の話だけすると、明るめのベージュ系が1番白髪が目立ちにくい色ですね。

理由は、白髪に近いからです。笑

明るめのカラーの場合、白髪により近づいた染め方をするのが、

1番ぼかせると思います。

一応、カラー剤の中には「ホワイト」とかもあるのですが、

まぁ白くはならないので、ベージュが1番近いかなと思います。

ホワイトは、明るさを極力失わずくすみ感を出してくれるっていうカラー剤なので、重宝してますが白くはならないし、今回のテーマにはそんなに向いてないです♪

最後に〜良くも悪くも差が大きいほど目立つし、近いほど目立たない〜

ヘアカラーは色味もデザインも多様化しているので、

美容師さんに相談してカラーをすれば理想のカラーは出来るとは思うのですが、

あえて、明るめの中で目立ちにくいカラーはというと、

可能な限り白髪に近いカラーを髪の毛に入れることで、

そうすることで、よりぼかしてくれて伸びても目立ちにくいので、

明るいカラーをしながら、白髪を気にせず、ヘアカラーを楽しめると思います。

目立つというのは、良くも悪くも差が大きいほど目立つので、目立ちにくいという意味では、可能な限り白髪に近い方がいいです。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました