【さっぱり洗えて低刺激】Narucos labo. Naru shampooの紹介【ヘマチン配合】

Narucos labo.シリーズ

今回は、超絶オススメシャンプーの紹介です!!

はい。今回はうちの商品の紹介になりますね笑

発売してから、4.5年経ってますが、成分的リニューアルは一度もないNarucos labo.の自信作です!!

もちろん、ただ良いところばかり紹介してもつまらないので、

使用経験者のNaru shampooの合わなかった部分も紹介していきます。

【メリット】さっぱり洗えて低刺激。

まずは全成分を…

水、 ラウレス−5カルボン酸Na 、コカミドDEA、 コカミドプロピルベタイン、 ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル、 ラウラミドDEA 、ラウロイルグルタミン酸TEA 、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン 、グリセリン 、マカデミアナッツ油 、PEG−60水添ヒマシ油 、ヘマチン、 エタノール 、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル) 、ホホバ種子油 、グリチルリチン酸2k 、リン酸アスコルビルMg 、塩化Na 、クエン酸 、EDTA-2Na 、安息香酸Na 、フェノキシエタノール、 香料

メイン洗浄剤は、『ラウレス-5カルボン酸Na』です。

別名『酸性石鹸』と言われてて、石鹸の良いところを酸性領域で発揮できる成分です。

石鹸自体は、「アルカリ性」なので、カラーやパーマもちが悪く、シャンプーだと髪に負担をかけやすい成分です。

さっぱり洗えて、洗い上がりもスッキリする成分です。

さらに、『コカミドDEA』『ラウラミドDEA』はベースの洗浄剤の洗浄力や安定性を高めてくれる成分です。

しっかりした洗浄力を求めているからといって、高洗浄・高刺激の成分を使うのではなく、

適正な洗浄力で低刺激という効果的な洗浄剤を、サポートしてさらに高めているというイメージですね♪

あと『コカミドプロピルベタイン』というベタイン系の両性界面活性剤と、

『ラウロイルグルタミン酸TEA』という、アミノ酸系洗浄剤も配合していて、

この2種は優しい成分で有名なので、さらに髪や肌にも優しくなっています。

『ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル』と『PEG-60水添ヒマシ油』は、非イオン界面活性剤で、

ヘアワックスやトリートメントなどの髪に残りやすい成分を、ほぼ無刺激で落としてくれます。

トリートメントは、長期間髪に付着していると、酸化懸念が高まるので、逆に髪を傷めてしまう可能性があります。

全洗浄剤に刺激的な成分は使ってないので、

スタイリング剤や油性成分をさっぱり洗い上げながら、低刺激を実現しています。

まぁ、あとはバランスにはこだわってますね^ ^

低刺激性で言えば、抗炎症作用のある『グリチルリチン酸2K』も配合されています。

【ヘマチン配合】カラーやパーマにも対応。

『ヘマチン』という成分を割と高配合していて、

ヘマチンの効果の1つである、

未酸化アルカリ・過酸化水素除去で、

カラーやパーマなどでダメージの原因になる残留物質を素早く除去して、

極力カラーやパーマなどでのダメージを軽減しつつ、

それにと伴って、カラーもちパーマもちが向上します。

それでも、元々ハイダメージだったり、ブリーチカラーの場合は、Naru shampooを使用していても、多少の違いはあれど、それなりに退色は早いと思います。

使い続けるほどダメージしにくい髪へ。

上記の洗浄バランスとヘマチンの内容から、

ダメージの原因になる残留物質を極力排除して、

徐々に傷みのない髪に生え変わりながら、ダメージしにくい髪になっていきます。

『素髪』に『なる』シャンプー。

素髪というのは、あなた本来の髪の状態を言います。

シャンプーしただけなのにしっとりしたり、サラサラしたりするのは、

実は、洗いながらコーティングを施している状態になります。

素髪になることで、自分の今のコンディションを知ることができ、

余計な補修成分や残留物質を取り除くので、新しいトリートメントが最大限浸透して効果を発揮します。

理想の髪を目指すために、今の髪のコンディションを知る事は大事な事だと考えてます。

シンプルなボトル&ロゴデザインと芳醇なラ・フランスの香り。

今のNaru shampooのデザインはこんな感じです。

素敵なロゴと共にシンプルなデザインになってます!

これなら、バスルームの景観を壊さずに置いておけますね♪

香りもラ・フランスの香りで基本めっちゃ評判がいいし、「食べたくなる!」という声もいただくくらいラ・フランスなんですが、

「香りは好き嫌いあるかも。」って声もいただくので、

香りは賛否両論という事で、さらっと終わります^ ^

【デメリット】さっぱり洗い上げるゆえに、シャンプー後はギシギシに感じる人もいる。

上記の理由で素髪感を大事にしているので、シャンプー後にギシギシ感を感じて「合わない」となる人もいます。

髪本来のコンディションを知ることも大事だと思ってますが、

ギシギシに感じるのは嫌だと思うので、そういう人には少し向かないかもしれません。

1度のシャンプーでは泡立ちにくいケースがある。

こんなケースの人は、1度で泡立ちにくいので2度洗いを推奨します!

  • ヘアワックスやヘアバームなどを多めに使って、しっかりスタイリングしている人
  • しっとり系のトリートメントが好きで1日に何種類も多様している人
  • 以前使用していたシャンプーの洗浄力が弱くて、スタイリング剤やトリートメントが髪に残留してしまっている人

起泡剤を割と少なめに設定しているので、泡立てばモコモコの泡立ちをしますが、上記の人の場合は1回めは泡立ちにくいと思います。

洗うときの摩擦を抑えるために、泡立ちは大切ですが、

『洗浄力=泡立ち』ではないので、

Naru shampooは少し抑えめになっています。

500ml ¥2750-(税込)と、ややお高め。

市販のシャンプーなどに比べると高いっすよね笑

この価格帯なのは、『洗浄バランスにこだわったこと』『ヘマチン配合』にあります。

しっかり効果的に提供できるようにすると、どうしても高くなってしまう傾向がありますね。

なかなか、人によってはシャンプーにこの値段は・・・

って思うかもしれません。。

まとめ〜メリットデメリットを見極めて自分のライフスタイルにあったシャンプーを使おう!〜

というわけで自分のところのアイテムなので長くなりましたが、

決して、「Naru shampoo絶対使った方がいい。」と強要するつもりは全くないです。

ただ、髪や頭皮の悩みがシャンプー1本見直すだけで、よくなる可能性があるなら上記のシャンプーの『作り』を参考にして1度検討して見るのも良いと思います。

その中で、Naru shampooも候補に入ったら嬉しく思います。

これからも、市販のシャンプーや他メーカーさんのオススメがあれば紹介しながら、

Narucos labo.シリーズも知ってもらえたらと思います。

興味を持って頂けましたら、下の『楽天』または『BASE』から閲覧してみてください。

ありがとうございました^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました