効果的なヘマチンシャンプーの見分け方。

ヘアケア

前回の記事で、ヘマチンシャンプーおすすめしていますが、

広告的に、「ヘマチン配合」とか、全成分表示に『ヘマチン』と書いてあったりしても、

果たして効果的な配合量が入っているのか、なかなか見分けるのは、難しいと思います。

ヘマチンはチョロっと入ってる程度では効果期待できないので、

そこの見極める唯一のポイントを話していきます!

専門的な事になると唯一ではないかもしれませんが、

誰でも見分けられる部分での内容になってます。

シャンプー剤の色で見分ける。

何%配合してるか、表記されていればわかりやすいのですが、

そこまでは全成分にも表記されていないので、(宣伝的な配合量の表記は別。)

見分け方としては、シャンプー剤の色で判断すると良いです。

ヘマチンの原料は、黒っぽいというが濃い黄褐色をしています。

参考元)https://www.nanohana-hair.com/sp/shampoo/entry25557.html#index2

なので、シャンプーやトリートメントに配合されると、他の成分で薄まるとはいえ、

茶色っぽい黄褐色っぽい色になります。

Naruシャンプーなんかもそうで、ちょっと照明で色が飛んでますが、

こんな感じになってます。(実際は、もうちょい濃いです。)

これくらいの黄褐色になっているシャンプーだと、

割とヘマチンの薬剤成分の除去の効果があると思います。

ヘマチン配合でもシャンプー剤が透明に近いものは注意。

ヘマチン配合と謳っていても、シャンプー剤自体が透明だったり、

極々薄いゴールドっぽい色とかだと、効果があまり期待出来ないので、

そこを上手く見極めれると良いです。

たまに、容器自体を茶色くしているシャンプーもありますけど、

真意はどうか分かりませんが、

個人的には誤魔化してる気がして好感はもてませんね。

逆に明らかに濃すぎたりも注意。

ヘマチン自体はとても高価な原料だし、品質的にも不安定な成分ではあるので、

ヘマチン高配合のシャンプーは高い割に取り扱いが結構難しくなってしまいます。

とは言っても、髪への効果優先なら濃い方が全然良いですね。

【補足】たまに見かける着色料で誤魔化しシャンプー。

たまーに見かけますね。

こういうもはやズルに近いやりかたは、個人的に好きではないです。

でも、これは見分けやすくて、全成分表示のだいたい最後の方に、「赤○○」とか「黄○○」とか書かれているので、

ヘマチンシャンプーでそういうのを見かけたら、ちょっと疑った方がいいです。

(○○には数字が表記されてます。)

オススメのヘマチンシャンプーは。

前回のブログにも書いてますが、

「ナプラのケアテクトHB」や「ココイルプレミアムシャンプー」がおすすめです。

ヘマチン以外の成分構成も髪にも肌にも優しくて、しっかり洗えます。

使い心地も良いです♪

あと、もちろんNaruシャンプーもおすすめです!

この2つのシャンプーを参考に製作してるので、良いとこどりなシャンプーです笑

よろしかったら、下記のネットショップから♪

参考になれば嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました