シリコンシャンプーの是非【問題はシリコンではなくて、関与している洗浄剤の問題】

ヘアケア

シリコンシャンプーが良いのか?ノンシリコンシャンプーが良いのか?と言う話は、

今なお多くお客さんなどから聞きます。

シリコン自体の話は以前しましたが、

シャンプーに入ってた場合はどうか取り上げてみたいので、話していきます♪

シリコンシャンプーはサラサラに、ノンシリコンシャンプーはキシキシに?

シリコーンが、シャンプーに入っていると、髪質やコンディションを無視して、

コーティングでサラサラにしてくれます。

一見良さそうですが、シャンプーでコーティングを施してしまうのは、

洗浄というところで言うとどうなの?という声もあります。

一方、ノンシリコンシャンプーは、質感調整が施されてないので、

髪の状態によっては、キシキシになったりします。

ただ、選ばれている洗浄剤の種類によっては、

適正の洗浄力で洗い落としながら質感も調整することは出来ます。

シリコンシャンプーのメリット・デメリット

シャンプーの中に、シリコーンオイルが含まれていると、

髪をコーティングしてくれるので、シャンプーでサラサラになり、

サラサラな髪は摩擦などのダメージを軽減してくれます。

デメリットはシリコーンオイル+トリートメントなどで、

油分が蓄積されてオイリー髪になりがちで、

シリコーン自体の酸化懸念はないが、油分同士はくっつくので酸化しやすいオイルを、

より強力に残留させてしまいます。

シリコンシャンプーが出来たのは、安価な洗浄剤のせい?

最近の市販のシャンプーは高クオリティなものも増えてきてますが、

まだまだ、過剰に洗浄や髪に与える作用が強いものが多いです。

そんな洗浄力のシャンプーだと本来髪がキシキシになったり、

使い続けるとバサバサになったりしてしまいますが、

シリコーンのお陰でサラサラにまとまってくれます。

こうすることで、比較的低価格でコストをかけずに、

質感の良好なシャンプーを作る事が出来ます。

そうすると、シャンプーで受ける髪の質感は洗浄剤や有効成分ではなく、

シリコーンオイルに左右される事になります。

今は、シリコーンがいらない洗浄剤も豊富

以前書いた、

こういう洗剤や、ベタイン系の両性界面活性剤は、

洗浄力が強すぎずに、髪をキシキシにしてしまうことの少ない洗浄剤です。

最後に〜基本はシリコンシャンプーじゃない方がいい。〜

基本的にはシリコンシャンプーはなるべく使わない方が良いです。

ただ、髪のダメージが強くて、絡まりやすく摩擦がおきやすい人は、

併用する形で使うのはありかもしれません。

2.3日に一度は、Naruやカウンセリングプレシャンプーなどで、

「素髪」にしてあげる事を推奨します!

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました