シリコーンの種類を学ぼう!

ヘアケア

前回のブログから、せっかくなので化粧品成分におけるシリコーンの種類を解説します!

「別にそこはそんな興味ないけど…」って人は、今回はスルーして下さい!

名称によって、しっとり感や重さ、皮膜残留具合が違うので、知っておいて損はない内容にはしていきたいと思います。

王道なのは「ジメチコン」

ジメチコンは、知ってる人多いのではないでしょうか?

いわゆる皆さんが持ってるシリコーンのイメージはだいたいジメチコンだと思います。

トリートメントやアウトバストリートメント、シリコンインシャンプーなど、様々なところで使われている成分です。

ネガティブなイメージも大きくはジメチコンの特徴から発信しているものがほとんどかなと思います。

シリコーンオイルの中では、しっとり感やまとまりを出してくれる『ロングヘアでサラサラな綺麗な髪』を魅せるには、必要不可欠な成分です。

その分重く感じやすくて、皮膜残留が起きやすいので、皮膜除去をしっかりしてくれるシャンプーでの洗浄は必須です。

酸化透過性が高く毛穴に詰まったり、髪に負担をかけたりする事はないですが、

パーマやカラーの場合、施術前、施術後と、うまく使ってあげてください!

※ジメチルシリコーンオイルなども類似成分です。

ヘアオイルにオススメ「シクロペンタシロキサン」

サラサラ感は欲しいけど、重くしたくないという時に使われることが多いです。

構造上低い皮膜力しか作れないので、ジメチコンに対して、軽くサラッとした質感に仕上げます。

あと、揮発性のあるシリコーンオイルなので、時間が経ってシリコーンが揮発して、感触の良い皮膜が形成されます。

ジメチコンなどに比べて、サラッとしていて重くなりにくく、

ヘアオイルやアウトバストリートメントに向いてるかなと個人的には思います。

もちろん、酸化透過性が高く、肌や髪には無害なので安心して使えます。

軽い質感とはいえ、しっかりつけ続けると、残留懸念は出てくるので、シャンプーでしっかり洗い落としましょう。

※類似成分はシクロメチコンなど

髪の毛への相性が良いアモジメチコン

アミノ基ってやつで装飾したシリコーンで、髪への親和性と吸着性が高まり、持続性に優れているシリコーンオイルです。

ジメチコン同様様々なトリートメントやアウトバストリートメントに配合されています。

ダメージ部分への補修や褪色防止効果があって、ジメチコンよりやや軽めになってます。

あと、ちょっと原価高めです♪

※似たものとしては、アミノプロピルジメチコンやアミノ変性シリコーンオイルなどがあります。

成分に「〜コン」や「シロキサン」など書いてあるのはシリコーンオイル

成分の見方としては、ジメチコンとか「〜コン」で終わるものだったり、シクロペンタシロキサンなどの「シロキサン」などで終わるものが、基本シリコーンオイルです。

「ジメチコノール」などのシリコーンオイルに似た性質のシリコーンではない成分もあるので、基本は上記の部分を注意して見てみてください。

シリコーンオイル以外にも皮膜形成剤はあるので、そこはまた別の機会に。。

参考にになれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました