【市販にも多数!】シャンプーには向いてない洗浄成分4選

ヘアケア

ドラックストアや、ヘアサロンで販売しているたくさんのシャンプーの中で、

洗浄力や脱脂力が、シャンプーには向いてない洗浄剤(陰イオン界面活性剤)を紹介したいと思います。

一応これはシャンプーの洗浄剤としては、ちょっと向いてないよねってだけで、

界面活性剤として無能なわけではないので、理解してください。

界面活性剤としては、優秀なとこも多いです。

古くからある洗浄剤で今はもうほぼ使われてないようなものは入れてないので、よろしくお願いします。

石鹸

まずは、石鹸です。

石鹸シャンプーとか良く聞きませんか?

昔からあるものだから、肌や髪にも良さそうに感じるかもしれませんが残念ながら向いていません。

成分表記には、カリ石ケン素地とか石ケン素地などで記載されてます。

これは、「石ケン」と書いてあるのでわかりやすいですが、

全成分表に高級脂肪酸(ラウリン酸とか、ミリスチン酸)と水酸化K又は、水酸化Naが一緒に書かれているのもがあり、これも石鹸です。

ここはなかなかわかりにくいんですけど、覚えておくと便利です。

参照)https://ameblo.jp/rik01194/entry-12265640758.html

なぜ石鹸が向いてないかと言うと、

石鹸は、生分解性や環境の面からはとても優秀なんですが、

石鹸自体は、高洗浄・高脱脂でアルカリ性です。

人の肌は元々弱酸性なので、アルカリ性になると肌環境が著しく悪くなります。

僕らの皮膚などを守ってくれる皮膚常在菌が生育しにくくなります。

髪の毛もアルカリに傾くと、キューティクルを剥離して、CMCという髪の潤滑油的な脂質も溶かしてしまうのでごわつきます。

キューティクルを剥離して、接着効果もあるCMCを溶かしてしまうと、

カラーやパーマの持ちも悪くなります。

中には混ぜ方とかで優しい石鹸もありますが、

これを理解するのは相当知識が必要です。

石鹸は意外と専門的な知識が必要な界面活性剤です。

ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸アンモニウム

最近はあまり見ルコと少なくなりましたけど、有名どころのシャンプーやボディーソープなどでは根強く使われている成分ですね。

高洗浄力・高脱脂力・刺激性・残留性・タンパク質変性作用の観点からシャンプーやボディーソープには不向きです。

工業用や獄少量で水と油をくっつける界面活性剤の大事な役割の1つとしては、とても優秀ですが肌や髪には付けたくはないですね。

ラウレス硫酸Na・ラウレス硫酸アンモニウム

ラウリル硫酸〜の分子量を大きくして、皮膚残留を懸念して改良された成分なので、

大幅に髪や肌に合わせるようになった界面活性剤です。

が、それでも高洗浄・高脱脂ではあるので、

シャンプーに向いてるかと言われるともっと良いのあるよね。

って事になります。

配合されていたらアウト!とまではいかなくて、洗浄剤バランスがとれていれば、

そこまで、毛嫌いする成分ではありません。

今回の4種類の中では1番マシだと思ってます。

オレフェン(c-○.c-○)スルホン酸Na

市販のシャンプーとか、割と安価なシャンプーなどで、

「硫酸フリー」とか「サルフェートフリー」みたいな謳い文句を使いたい時に、

使用されてる事が多い洗浄剤です。

意味は一緒です♪

こうされると、ラウレス硫酸〜より優しいのかな?と思いがちですが、

洗浄力は同等かちょっと上です。

生分解性は良く環境には優しいですが、

かと言って、髪や肌にも優しいと言うわけではありません。

「硫酸フリー」とか謳っているのに主成分がオレフェン(c-○.c-○)スルホン酸Naだと、

ほぼ、ラウレス硫酸〜との違いはないです。

成分に罪はないですが、こう言う事されるとずるいなとは感じますね。笑

まとめ〜最後に良いところも知ってください。〜

今回の成分が、主成分(全成分表の2〜3つ目以内)に入ってるのは、ちょっと避けた方がいいかもしれません。

最後にこの成分達が入ってるシャンプーの良いところを1つ。

それは安価で製作出来るので売値も安いです。

あと、界面活性剤としては、とても優秀なので少量の配合で水と油を混ぜることができます。

界面活性剤と呼ばれる成分の、

1番重要な役目は水と油をくっつけることです。

だけど、シャンプーにはやっぱ向いていないので、

コスパ重視なシャンプーならまだしも、

高額のシャンプーはちょっと疑った方がいいかもしれません。

どれだけ有効的な美容成分を入れてようが、トータルでみたらマイナスなんで…

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました