【今さら聞けない】ヘアカラーとヘアマニキュアとヘナの違い

サロンワーク

今はヘアカラー需要も多くなってきているので、

わかってる人も多いとは思いますが、

改めて、ヘアカラーとヘアマニキュアとヘナの違いを解説します。

ヘアカラーとは。

毛染め人口の中では、1番多い染め方ですね。

明るさのコントロールや、色持ち、万人受けする発色など、

使いやすいし、ヘアカタログなどにはヘアカラーでの髪色がほとんどです。

酸化染料とか言いますね♪

髪にあるメラニン色素を脱色して明るくし、同時に色を入れてヘアカラーを完成させます。

1ヶ月半〜2ヶ月半ほどの色持ちで、

褪色すると、髪は明るくなります。

【今さら聞けない】ヘアカラーが色落ちしたら明るくなるワケ

あとアフターケアなどで、かなり差はありますがダメージもします。

シャンプーなどのアフターケアはセルフカラーでもサロンカラーでもとても大事です!

ドラックストアに並んでるカラー剤もほとんどがヘアカラーです。

明るくする場合はヘアカラー(ブリーチ)1択です。

デメリットとしては、医薬部外品なので、人によって皮膚刺激があります。

体内に吸収されて毒素が溜まる!!的なオカルトめいた話は全くないですが、

ただ、しみたり皮膚の弱い人は刺激を感じるかもしれません。

そんな人は、根本を少し浮かせたりして、なるべく頭皮につけないように工夫してもらいましょう!

ヘアマニキュアとは

化粧品分類の毛染め剤です。

イメージとしては、髪の表面に着色して楽しむものなので、皮膚刺激がなく、より安全にカラーできるものです。

色持ちとしては、約1ヶ月くらいかなと思ってます。

デメリットとしては、色味の選択肢が少なく、髪の内部に作用するものではないので、明るく出来ません。

皮膚刺激がない理由にもなるのですが、皮膚につくとなかなか取れないので、頭皮にはつけずに染めます。(その分持ちが悪く感じる人もいます。)

マニキュア後、前述のヘラカラーをやろうとすると、髪色に影響が出るので注意が必要です。

カラーで楽しむというよりは、極力刺激がなく髪にツヤを出して染まってくれれば…

って人はおすすめです!

ヘナカラーとは

ヘナの葉を乾燥させて、染料に用いた昔からある方法です。

ナチュラル志向やオーガニック志向のには好まれますね。

皮膚刺激もなく、髪の毛に密に着色するので、髪がきれいにしなやかになります。

ただ、デメリットとして、純粋なヘナはオレンジなので、

オレンジ色しか色味がありません。

白髪などに着色するとかなり鮮やかなオレンジになります。

マニキュア同様明るくも出来ないので、使い勝手が非常に難しいアイテムです。

あと、ヘナカラー後のカラーは難しく、ブリーチしても希望の明るさに変えたりすることは出来ません。

今後、ヘナカラーでずっといこうとしていたら、髪も綺麗になるので良い事も多いですが、

カラーチェンジは基本出来ない事は覚えておいた方がいいかと思います。

おまけにカラートリートメント

色のつき方とかは、マニキュアに近いと思います。

鮮やかなカラーや、ブリーチカラー後のメンテナンスとしておすすめです!

ブリーチは必須ですが、

こんな髪や、

こんな髪にしようとしたときには、カラートリートメントでやる事が多いです。

ヘアマニキュアと違うところは、ブリーチなどで簡単に落とせるので、

カラーチェンジがしやすいですね!

その分持ちもあまり良くないので、色味に特化した染料ですね。

サロンカラーでもホームカラーでも

種類についてのセルフだからとか、美容院だからとかの違いはないので、

自分の髪を染める中で1番適当なのを選べるといいと思います。

アフターケアはNarucos labo.シリーズでヘアケアしましょう!

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました