カラー注文時の「前回と一緒!」と、「今の感じで!」の伝わり方の違いについて。

サロンワーク

ヘアサロンにカラーをしに来て、「今日はどんな感じにしますか?」

と聞かれた時に、「前回と一緒で!」とか、「今な感じ気に入っているから今の感じで!」みたいなこと言った事ありませんか?

だいたいの人はあるんじゃないかな思います。

今回は、そんな表現の伝わり方を解説していきます。

もちろん美容師さんもプロなので、一言二言のやりとりで施術を始めることはせずに、

イメージをしっかり共有出来るようにカウンセリングするので、

そこでのトラブルはほぼないですが、

伝えたイメージと伝わり方の差異が少なくなれば幸いです。

ちなみに、長い年月一定の間隔で来ていただいて、いつも同じカラーをされている人とかは、ほとんどカウンセリングはせずに始めることもありますがそこは悪しからず。

「今の感じで!」の伝わり方。

これはさほど問題はないですかね。

視覚でも共有出来るし、そもそもこう言われたら、

目の前に見えているこれ以外の答えはなさそうな気もします笑

ただ、もちろん「色もち」や根本が明るくなる事での見え方の違いはあるので、

そこはカウンセリングでしっかり共有したいところですね!

「前回と一緒で!」の伝わり方。

基本的にはこっちの方が、伝え方伝わり方は勘違いが生まれやすいと思います。

ヘアカラーというのは、どんなに良いカラーでもどんなにスペシャルなヘアケアをしても、

色落ち(退色)します。

黒染めだったり、ヘアケアなどで退色速度は変わりますけどね。

だいたい2ヶ月くらいのサイクルでヘアカラーしたと仮定して、

2ヶ月後のヘアカラーのカウンセリングで、「前回と一緒で!」と注文すると、

2ヶ月前のレシピ(カラーの調合が書いてあるやつ)を確認するので、

伝わり方としては、今より暗めのヘアカラーになります。(ヘアカラーは退色すると例外なく明るくなるので。)

なので、今の感じをイメージして、「前回と一緒で!」と注文すると、美容師さんと共有するイメージには差異が生じます。

最後に〜ここからもう一歩細かいカウンセリングが出来る美容師さんに巡り合おう。〜

よっぽどの信頼関係が出来ていたら、何も言わなくても好きな感じにしてくれるでしょうが、

やっぱり基本しっかりカウンセリングしてくれる美容師さんの方が信頼出来るかなと思うので、

あなたのイメージを言語化出来て視覚的にも安心させてくれるような、

美容師さんに巡り合あると良いですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました