【今さら聞けない】美容院で顔剃りをしないワケ【化粧の一環】

サロンワーク

今さらこんなタイトルの話をすると、

しないんじゃなくて、出来ないんでしょ?

とか、

美容師法でそう決まってる。

とか言われそうですが、本当にそうなんでしょうか?

今回は軽い雑学程度の話になるかもしれませんが、お付き合いください。

美容師も顔剃りしても良い!

ただし、かなり限定的に!

っていうのが答えですね。

「えっっ?」って思うかもしれませんが、

正確には、 『化粧に附随した軽い程度の「顔そり」は化粧の一部として美容師がこれを行つてもさしつかえない。』

という事です。

最近の法改正でこうなったのか〜って思う人も多いと思いますが、

実は昭和23年12月8日発表された実務上の基準になります。

つまり、戦後まもない頃から今日まで、美容師の顔剃りはOKだったのです。

化粧に付随した軽い顔剃りの、度を超えると違法

前述したように、限定的な「軽い顔剃り」なら良いのですが、

顔剃りやシェービングを主の目的としたり、軽い顔剃りに範疇を超えた場合の行為は理容にあたるので、美容師がしたら違法。

という事になります。

ちなみに、ネタとして・・・

美容師と理容師の違いによる法令は他にもありまして、

美容師は男性のカットのみの施術はダメ!

理容師は女性のパーマはダメ!

というルールが実は2015年7月までありました!(今は、法改正によって解消されてます。)

男性のカットは整髪とされていて、整えるものだから理容。

女性のパーマは、オシャレを楽しむものだから美容。

と、されていたんですね。

その時その時やっていた美容業が当たり前すぎて、気に求めてなかったですが、

法規も調べてみるとためになりますね!

参考にはならないと思いますが、ネタになれば嬉しいです。

ちなみに私は、顔剃り・・・出来ません!!!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました