ヘアケアやヘアデザインを作るうえで大事な『時間』の考え方【時間をかけないこと編】

サロンワーク

第2回は時間をかけない事です。

髪の毛でも他のことでも、そこに時間をかけたりするのは、

一見手間をかけてていいようですが、実は逆効果なことって意外とあると思います。

極論言うつもりはないですが、なるべくそこの時間はないほうが良いよ。という話をしていきます。

時間をかけないことvol.1【髪の毛を触っている時間】

例えば、髪を洗ったり乾かしたりという、「やるべきこと」に対してなるべく触るな!っていうのは、難しいので

あまり極論的にはならないので欲しいのですが、

髪の毛は必要以上に触らない方が良いです。

今はヘアケアアイテムも豊富で、自分で色々髪をいじるのが好きな人も多いです。

もしくは、無意識に触ってしまう癖の人も結構いると思います。

実際こういう人の方が、髪のコンディションが悪いことが多いです。

ヘアケアを色々やるのが好きな人は、ヘアケア過多になって髪が酸化してダメージします。

無意識に髪を触ってしまう人は、手櫛で摩擦が生じたり、クセを抑えようと過度に引っ張ったりしてダメージしてしまいます。

意外とほったらかしな人の方が、髪が綺麗な事は多いです。

何らかの理由で、長い期間髪に手をかけれなかった人(育児とか仕事とか)の方が、髪の毛健康的で綺麗と言う事はよくあります。

性格的なものでも、興味ない人の方が綺麗な髪ということも多いですね。

時間をかけないことvol.2【髪が濡れている時間】

髪はドライヤーで乾かす方が良いのか、自然乾燥が良いのか問題って昔から聞かれること多いのですが、

自分はドライヤーで早く乾かしてあげて、極力濡れている時間が少ない方がいいと思っています!

髪は濡れている状態っていうのは、髪の性質上とても弱いので様々なダメージを受けやすい状態です。

髪で色々おしゃれを楽しむうえでは、不必要なダメージを負うようなことはして欲しくないです!

あと、髪も頭皮も濡れた状態にしておくと、雑菌が発生しやすいので、

フケ・かゆみ・悪臭の原因になるので、しっかり乾かした方が良いですね。

面倒くさいし、忙しいという気持ちはとてもわかりますが、デメリットが多いので、老若男女関係なく乾かせると良いです♪

「ドライヤーで髪の毛が痛むんじゃないの?」というのも、間違いではないので、

出来れば、熱から守ってくれるようなアウトバストリートメントを付けてから乾かしてあげましょう。

最後に〜ヘアケアの為に不必要な時間と労力を奪われないで〜

自分の意思で、やりたくてやっている人はいいし、

かけるべき時間はかけた方がいいですが、

極力何もやらないで綺麗な髪や肌であるのなら、それに越したことはないはずで、

もっと時間をかけるべく大切な事は皆さんあると思うので、極力短い(少ない)時間で効果の高いヘアケアできるといいですね。

まぁ、髪の量や長さによっては、乾かす時間は長くなるとは思いますが・・・

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました