まとまった白髪に対するピグメンテーションカラーという技術の効果と誤解

未分類

カラーの技法に、ピグメンテーションカラーというものがありまして、

本来は、褪色のムラなんかを均一にさせる技法ですが、

これと同じイメージで、白髪がまとまって出てしまってるところに先にカラーを塗布して、

さらに上から被せるようにカラーして綺麗に染めていく。

なんて事をしたりします。

仮染め的な感じで、

使うケースは限られますが、

状況によっては、染め上がってもまとまって出てる白髪のせいで、

綺麗に見えなかったりするので、

そういうときには使ってます。

このピグメンテーションカラーの効果と、

勘違いしやすい誤解を解説していきたいと思います。

染まり上がりに明るさのムラが出ない。 

カラーって同じ明るさで全体染めても、

元々明るい所とそうでない所では、染まり上がりが変わってしまいます。

白髪となら尚更差ができます。

カラー剤によっては、勝手に色素補正してくれて、

馴染ませてくれたりも出来るのですが、

基本かなり暗い色なので、

限界はあるし、出来るスタイルの幅がだいぶ減ります。

そこで、ピグメンテーションカラーで白髪がまとまったところにを先に染めておくと、

明るさの差を前もって近づける事ができるので、

その上からカラーすると、明るさの差を無くして均一にする事ができます。

褪色を均一にしてくれる。

基本的に白髪の方が、褪色(カラーが抜ける)のが早いです。

なので、普通にカラーすると、白髪がまとまっているところだけ早く抜けてしまい、

人によってはかなり気になるかと思います。

ハイライト(メッシュ)みたくなります。

ピグメンテーションすると、白髪のまとまったとこだけ、

2度塗りになるので、持ちが良くなって、

褪色が全体的に均一になります。

白髪に対して決して万能ではない。

ここからは、誤解しがちな事です。

まとまって出ている白髪に対しては、上記の理由での効果はありますが、

1本1本生えている白髪に対して同等の効果があるかというと、

ないってことはないでしょうが、

別にカラーの調合でコントロール出来るので、

わざわざピグメンテーションしたところで、差はないかと思います。

むしろ周りの黒髪に絶対にかかってくるので、逆に黒髪が明るくなりにくくなったりしてしまいます。

デメリットのが多いです。

やる必要はないですね。

白髪の伸びに影響するものではない。

ピグメンテーションやろうが、やるまいが、

伸びてくるスピードは変わらないし、

伸びてきた白髪が気になりにくくなった!

というものでもありません。

カラー全体の持ちが良くなるものではない。

前提として白髪は色が抜けるのが早いです。

まとまってるので、より視覚的に早く感じます。

そこが、ピグメンテーションで普通になる程度です。

決して、色持ちupには繋がりません。

こんな感じで、

まとまって白髪があって、うまく染まらない!

っていう人は、効果的なので、美容師さんに相談してみましょう。

参考になれば嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました