ヘアケアアイテムで良くみる誤解しがちな表現

ヘアケア

ヘアケアアイテムをいざ販売しようと思うと、

色々な売り文句を使って、

オリジナル感出したり、

うちの商品はこういうものですよー。

的な、表現を使って宣伝しますが、

違反とかではないけど、誤解を生みやすい宣伝文句もあるので、

今回は2例だけ紹介しようと思います。

盛ってるとか嘘とか、そう言う事ではないので、

自分の中での選択肢として覚えておいてもらえたらなと思います。

天然由来成分○○%配合

こう聞くと、どう言うものを想像しますか?

天然由来だから、優しいとか高級で安心安全とかでしょうか?

イメージとしては、、

とか、

とかが天然由来成分だと、想像してませんか?

簡潔にいうと、化粧品成分の中で、

天然由来成分じゃないものは、存在しません!

化粧品成分の中で、

あまり、良いイメージではない、

石油由来とか、シリコーンとかの鉱物由来とかも、

全部天然由来成分です。

全ての化粧品アイテムは、天然由来成分100%配合です。

こう表現しているから、その商品もダメとは思いませんが、

これを前面に押し出して宣伝するのは・・・

皆さんはどう思いますか?

知識の1つとして持ってると良いですね!

化粧品の成分としては、由来や原料はあまり関係なく、

最終的にできた成分で考えるべきなのです。

ちなみに、「天然由来成分」と「天然成分」は、

意味が全然違うので誤解しないようにしましょう。

防腐剤無配合

防腐剤というのは、そのものの腐敗を防ぐべく配合されている成分で、

食料品や医薬品にも含まれています。

よく使用されているのは、

フェノキシエタノールとか、

〜パラベン(プロピルパラベンとか)です。

これらは、雑菌に対して強力な抗菌作用や殺菌作用があることから、

髪や肌にも悪いものなんじゃ・・・

という懸念が生まれ、

「パラベンフリー」とか「防腐剤無添加」とかで販売している商品の方が安心安全だと思い込み、

求める人もいます。

しかし、実際はかなりリスクが高くて、こういう防腐剤を使用せずに、

化粧品を作るのは、逆に肌刺激が強くなります。

防腐剤無添加のリスク

防腐剤無添加というのは、

一般的に防腐剤が入ってないってことを刺してますが、

防腐剤に代わる成分がほとんど配合されています。

さらに、防腐剤に代わる成分は、

防腐剤と言われる成分より大量に配合しないと、

効果が発揮出来なかったり、

そもそもの効果が強すぎたりで、

普通に防腐剤を入れるより刺激や負担を受けやすくなります。

例えば、エタノールなどの、抗菌性のあるアルコールを入れるにですが、

ここらへんは高配合しないと効果が発揮されないし、

抗菌作用のある精油を入れたりするのですが、

ものによっては、フェノキシエタノールや〜パラベンなどの防腐剤の10倍近く効果が強いものを使用するので、

結局普通に防腐剤を配合するより、リスクの高い化粧品になってしまいます。

本当に防腐剤無添加の商品もあるのですが、前に製造元に聞いたとき、

確か、未開封で3年間の保存が出来ないものは、消費期限を分かりやすく載せなきゃダメだった気がします。

本当に腐敗していくそうです。

ゼロリスクというものはないけど

結局リスクを考えると、素直に防腐剤が適正に配合されているのが、

敏感肌の人にも、1番安心ではあるかなと思います。

もちろんゼロリスクということはないので、

防腐剤自体肌に合わないということはありますが、

リスクは少ないかなと思います。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました