天然由来成分○○%配合の罠。【ミスリードを誘うトリック】

スキンケア

シャンプーなどの、化粧品商品で、【天然由来成分○○%配合!】という、

謳い文句や広告を見たことありませんか?

高配合だったり100%だったりすると、自然の恵みやオーガニック的な…なんだか良さげな気になっちゃいますよね?

今回は、天然由来成分の意味と、そこから表現の罠を話していきます。

そもそも天然由来とは…

そもそも天然由来成分の「由来」とは、

【物事がそれを起源とするところ。】となってます。

つまり、天然由来成分は【起源(もと)が天然の原料になっている成分】という事になります。

ここだけ聞くともとが自然のものだし、髪にも肌にも良さそう!ってなりそうですよね。

天然成分が化合物成分より良いというのは、またちょっと違うのですが、

その話はまた別なので今回は割愛します♪

世の中のもの全て天然由来成分。

結論から言うと、化粧品として使われている成分は、すべて天然由来成分です。

例えば、界面活性剤・エタノール・シリコーンや防腐剤も全部天然由来成分ですし、

もっと言うと、洋服やスマホなどの精密機械ももとを辿れば天然由来です。

なので言葉の意味をよく考えたら、わかると思うのですが、

錬金術など使えない限り、

世の中にあるもの全て「天然由来」です。

化粧品成分で言っても、シャンプーに向かない洗浄剤No.1「ラウリル硫酸ナトリウム」も、ラウリン酸という脂肪酸が原料で、

ラウリン酸はヤシ油が主原料だし、

エタノールなどのアルコール類も穀物が原料です。

批判的な評価を受けがちな、石油系○○みたいなものも、

当然、石油は天然物で人工的に作り出す事は不可能なので、

天然由来成分になります。

天然成分と天然由来成分。

天然由来成分は、上記の様に世の中のすべてのものがそうですが、

天然成分は、ほとんど手が加えられていないものを指すので、(精製や抽出程度。)

かなり数は少なくなっていると思います。

天然が良いとか悪いとかじゃなくて、好みの話になりますが、

そういうオーガニック系や自然派化粧品を探している人は、注意して探してください。

ミスリードを誘う宣伝・広告に注意。

というわけで、言葉遊びというか、ミスリードを誘うというか、

こういう宣伝・広告は意図しているかいないかはわかりませんが、

どちらにせよ表現としてはあやふやで誤解しやすい表現なので、

消費者である皆さんが見極めれるようになるしかないですし、

是非見極められるようになって欲しいですね。

本当は、こういう表現をするメーカーがなくなれば良いのですが…

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました