薬用のシャンプーを使い続けるリスク【医薬部外品の罠】

スキンケア

ドラックストアなどには無数のシャンプーが並んでいます。

その一角には、薬用シャンプーというものがあります。

フケやかゆみの改善などを促す効果があり、医薬部外品商品です。

そういう薬用シャンプーの必要性と間違った使い方によるリスクの話をしていきます。

フケ・痒みを緩和してくれる医薬部外品の薬用シャンプー

『h&s』などのフケを解消してくれるシャンプーの有効成分として多かったのは、

  • ジンクピリジオン
  • ミコナゾール硝酸塩
  • ピロクトンオラミン

などが配合されてます。

これらは殺菌剤で菌を殺す事で、フケなどを抑える仕組みになっています。

あと、『ミノン』など、抗炎症作用として使われる『グリチルリチン酸2K』を有効成分としている薬用シャンプーもあります。

痒みを抑えてくれる効果がありますね。

ここら辺が、ドラックストアである薬用シャンプーに使われてることが多い有効成分です。

薬用シャンプーの立ち位置

フケや痒み、頭皮の炎症などに悩んでいたりすると、

改善を求めて一時的に使用するのは、まぁ良いとして、

フケや痒みが治っても、他のシャンプーにするの怖いからとかの、

何かしらの理由で薬用シャンプーを日常的に使い続ける人がいますが、

それは思わぬ副作用を招くので、あまりオススメは出来ません。

そもそも医薬品や医薬部外品は日常的に使い続けるものではない。

そもそも化粧品分類のシャンプーなどは毎日使い続けても支障がないように、

さしたる効果はないけど、副作用がないという前提で作られていて、

医薬品は治療目的で作られて、その分副作用のリスクも高いので、

医師や薬剤師さんの処方の元、用法容量が決まっています。

そして、その中間くらいが医薬部外品です。

医薬部外品の中でも副作用をそんなに気にするほどではないものもあれば、

大きいリスクをもつものもあります。

なので、医薬部外品の商品も日常的に使用するのは、思わぬリスクをうけてしまいます。

グリチルリチン酸2Kの副作用

グリチルリチン酸2K配合の薬用シャンプーは、痒みを抑えてくれますが、

長い間使って、その後違うシャンプーに変えると多少痒みや炎症が出てしまう人もいるそうです。

化粧品分類のシャンプーでも抗炎症作用として配合されているものは多いですし、

Naruにも配合されていますが、医薬部外品の有効成分ほどの配合量でなかったら、

そのリスクも極めて少ないので、心配する事はないです!

一応、Naruで「使うのやめたら頭が痒くなった!」って声はないですね^ ^

殺菌剤の副作用

また、フケを抑えるシャンプーは、主に殺菌剤が使われているのですが、

フケの原因となる菌を殺菌する事で解消させるのですが、

それと同時に肌を守ってくれる皮膚常在菌も殺菌してしまうので、

雑菌が繁殖しやすい環境になってしまい、

結局、フケや痒みさらには異臭も巻き起こしてしまいます。

それをまたシャンプーで殺菌する、というスパイラルの中で生活することになります。

最悪なのは、その薬用シャンプーの使用をやめた時ですね。。

雑菌を殺菌してくれるシャンプーはもういないので、雑菌繁殖し放題になります。

これが思わぬ副作用です。

殺菌剤の使用をやめたことで、常在菌も復活するので、

月日が経てば、通常の頭皮に戻るでしょうが、

それまでは、荒れ果てた頭皮に悩むかもしれません。

まとめ

医薬部外品商品は、ドラックストアで手軽にに購入出来る分、

目的とリスクはしっかり理解して使用していきましょう。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました