美容院へのお直し問題【お直し希望は立派な権利です。】

サロンワーク

美容院で髪を切ってもらったり染めてもらったりの中で、

後日「なんかここ気になるな〜」とか、「ちょっとイメージと違うな〜」

なんてこともあると思います。

そんな時に皆さんは直しに美容院に行きますか?

もちろん、そんなことなく毎回大満足で毎日を過ごせるのが1番ですが、

今回はそんなお直しの話をしていきたいと思います。

お客さん側からの声「なんか気まずい…」

よっぽどイメージと違ったり、粗が目立つ場合は、

直しに行くと思いますが、

なんか気になるけど、そこまででもない時は、

次に美容師行くタイミングまで放置したり、

自分でなんとかしようとしたりする人も多いと思います。

その中で、結構多い理由として、「せっかくやってもらったのに、なんか気まずい。。」

です。

本当に優しい。

確かに美容院なんて毎日行って顔を合わせる場所ではないし、

お客さんと美容師との距離感によっては、

その気持ちもわかりますが、

でも、お直しの希望はお客さんの立派な権利だと思うので、

気になるところがあれば、伺ってみた方がいいです。

美容師側からの声「チャンスをください」

ちょっと大げさに書いてますが、

一美容師として、お客さんの希望に対して納得させれない事には、

色々と考えることがあります。

もちろん、美容師は魔法使いではないので、

どうしても出来ない事もありますが(髪の問題で)、

単純に満足してもらえないってことに、とても悩みます。

意思疎通のずれだったり、伝え方だったり、単純な技術不足だったりありますけど、

やっぱり喜んで帰ってもらいたいのは、美容師全員の想いなので、

努力や研磨のしどころです。

あと、甘えではありますが、その日に気づけない事もやはりあるので、

それを伝えてくれるのはありがたいと思ってます。

ちなみにニライカナイは、常識の範囲内で直しは、ずっと受け付けます。

半年前のカラーを直した事もあります。

お直しは、ないに越したことはないですが、

出来るだけ満足してもらいたいですからね。

お客さんのお直し希望に小難しい理論を掲げる美容師

物理的や毛髪化学的に出来ない事に対してでも、

出来ない理由と寄り添う気持ちは絶対必要です。

なのに、言い方は悪いですが、素人相手に理屈を平然と並べて、

お客さんを置いてけぼりにして、さも自分の技術が正しいみたいな美容師、

ごく稀にいますが、

一言だけ、

そんな美容院には行くのはやめましょう。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました