ラべージュというカラーの矛盾【ひねくれてます笑】

サロンワーク

最近のヘアカラーでは、色の名前をかけ合わせて、造語を作って新しいカラーを提案する事が多いですね。

1番メジャーなので言ったら『グレージュ』とかだと思います。

これは、グレー+ベージュを組み合わせた造語です。

こんな感じで、最近は色味と色味を掛け合わせて新しいカラーの表現をします。

そんな中、『ラベージュ』という造語をよく聞いたりする人もいると思いますが、

今回はそのネーミング矛盾してね?

って話をしていきたいと思います。

あくまでネーミングに対してなので、世の美容師様方が作るラベージュは綺麗なカラーばかりなので、

良かったらラベージュで画像検索してみてください♪

ラベージュとは?

そもそもラベージュとは、

ラベンダー+ベージュ=ラベージュという感じです。

ざっくり言うと、ラベンダーは淡い紫の事です。

そしてベージュは…

本来は、染めていない羊毛での毛織物をベージュと言った。色名としてのベージュはその織物の色、つまり、極めて薄い黄色ないし茶色である。

ベージュ・・・Wikipediaより

つまりベージュは、極めて薄い黄色や茶色のことを表します。

ベージュ♪

たしかに、ヘアカラーでもだいたい明るい髪に表現する事が多いし、

ベージュのカラー剤も薄い黄色っぽくデザインされてるの多い気がします。

ベージュとラベンダーは補色の関係

マンセルの色相環

前回のブログにもさらっと書きましたが、補色とは色相環の反対の色で、

混ぜ合わせると無彩色になる色味です。

(ヘアカラーの場合は明るさのレベルがあるので、無彩色にはなりません、色味を消し合っていい感じにします。笑)

そんな中ベージュの反対色は…

配色パターンより

厳密に言うと淡い青紫ですが、ほぼラベンダーだと思います。

こう見ると、ベージュとラベンダーは補色の関係で、

ヘアカラーで表すと色味を消し合って、

理屈上は、いい感じのナチュラルカラーにしてくれます笑

ラベージュとは、柔らかいグレー

とはいえ、そんなナチュラルカラーなのに、新しい造語を使ってまで、

押し出してるわけではなく、だいたいは柔らかい質感のグレーって感じの画像が多いです。

理屈上そこに嘘はなくて、ブリーチなりで色素を薄く(明るく)して、

補色の関係でグレーという無彩色を作っているので、

まさにラベージュではあるのですが、だったらグレーでもいいじゃん…

って思ったり、思わなかったり…

まぁ全体的に見ると柔らかい雰囲気のグレーって感じですね。

表現って面白いですね!以上、ひねくれブログでした^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました