【酸化とは無縁?】コメヌカオイルについて

おすすめアイテム

ERuトリートメントのベースにもなっているコメヌカオイル。

酸化とは無縁の油脂コメヌカオイルの紹介をしていきます。

ヘアケア・スキンケアにおすすめ油脂(オイル)4選+番外編あり

同じ植物油脂でコメ胚芽油というものもありますが、

主要な部分は変わらないので、

同じものと考えてOKです。

サラッとした質感。

コメヌカオイルはオイルとしての質感としては、

肌馴染みの良いサラッとした質感で、

とても使いごごちのいいオイルです。

理由は後述しますが、

ホホバオイルやオリーブオイルと同様、

非常に使い勝手の良いオイルだと思います。

1ランク上の油脂で、

マカデミアナッツオイル・アボカドオイル・アルガンオイルなどもありますが、

魅力的な分コストがかかるので

ベースに使われると、

なかなかな高級アイテムになりますね。

肌馴染みはオレイン酸、質感のよさはリノール酸。

コメヌカオイルは主に不飽和脂肪酸の

オレイン酸とリノール酸で構成されていて、

ついでパルチミン酸が多く含まれています。

オレイン酸が約40%

リノール酸が約35%

パルミチン酸が約15%

程度含まれてます。

オレイン酸はオリーブオイルとかが有名で、

皮脂にも含まれているので、

質感が良好で肌馴染みが良い脂肪酸です。

リノール酸は酸化安定性が低いが、

柔軟性が高くヒマワリ種子油などに多く含まれています。

パルチミン酸も髪の毛のCMC(細胞膜複合体)には

必要な脂肪酸です。

非常に高い抗酸化作用。

一見リノール酸が多く酸化安定性が

悪いように感じるかもしれませんし、

実際酸化安定性が悪いと言っているサイトもありますが、

ビタミンEやトコフェロール、

γ-オリザノールなどが豊富で

抗酸化作用に高い成分です。

γ-オリザノールは紫外線吸収作用も認められていますね。

実際食用オイルだと、その高い酸化安定性から

揚げ物やポテトチップスなどの油に

多く使われています。

最後に〜コスパも良くベース剤としても良オイル〜

Narucos labo.のERuトリートメントなんかも

ベースにコメヌカオイルを使っていたり、

良質なクレンジングオイルなんかでも

ベースに使われているのを

よく見ますね。

下のアル顔クレンジングオイルは、

アルガンオイル推しですが、

ベースはコメヌカオイルです。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました