安全・安定の良コスメオイル『ホホバオイル』について。

スキンケア

ホホバオイル(ホホバ種子油)って聞いた事ありますか?

無印良品とかに売られていたり、

化粧品成分としても割と聞き馴染みのあるオイルだと思います。

そんなホホバオイルって一体どんなもんで、

髪や肌につけるとどんな効果があるのか話していきます。

ヘアケア・スキンケアにおすすめ油脂(オイル)4選+番外編あり

実はホホバオイルはオイルではない!

いきなり何言ってるんだ?って話ですが、

ホホバオイルは油脂や精油の類のオイルではありません。

ホホバオイルは化学構造上「液状ワックス(ロウ)」になります。

なので、油脂で起こってしまう酸化などがホホバオイルの場合ありません。

ホホバオイルは大きく分けると2種類

ネットとかで見てみるとホホバオイルの中でも、

なんだか色々な種類がありますが、

大きく分けて、クリアホホバオイルゴールドホホバオイルの2種類に分けられます。

クリアホホバオイルは、精製度が高く

酸化安定性や抗炎症作用が高いけど

質感としては割とライトで、

ゴールドホホバオイルは、

油脂に近い柔軟性がありますが

人によっては皮膚刺激がやや残る感じになってます。

ホホバオイルのメリットvol.1 高い保湿力で髪や肌への馴染みが良い。

Narucos labo.シリーズでもほとんどの商品に

配合されているくらい魅力のある成分で、

『sincere cream』は、主成分としてホホバオイルを採用しています。

そんなホホバオイル。どんなところが良いのかと言うと、

まずは、高い保湿力で、肌や髪馴染みが非常に良いです。

人の皮脂に含まれる、天然保湿因子(NMF)

かなり似ている構造なので肌や髪に自然に馴染んでいきます。

メリットvol.2 高い酸化安定性

液状ワックスで、ビタミンEも豊富に含有されているので、

酸化安定性や耐温度性に優れているので、

油脂や皮脂でおこるような酸化の心配がありません。

メリットvol.3 抗炎症作用があって、刺激にならない。

上記の馴染みがいいのと同じ理由で、

安全性も高くクリアホホバオイルなんかは皮膚刺激性がほとんどないので、

髪にも肌にも使いやすい成分です。

ホホバオイルのデメリットvol.1 つけた質感が味気ない。

安心安全で髪や肌への効果も高いホホバオイルですが、

デメリットも何個かあって割とサラッとした質感で聞こえは良いですが、

しっとりサラサラをイメージしていると結構味気ないのかなと思います。

デメリットvol.2 油脂類に比べると柔軟性が弱い。

ゴールドホホバオイルは不飽和脂肪酸を含む為、

油脂に近い性質なのですが、

柔軟性の高い油脂類に比べると幾分弱いです。

最後に〜デメリット差し引いてもとても価値のある成分。〜

コスメ成分には、髪や肌への質感を求めがちですが、

そこの実感が少なくても安心安全というだけで、

とても価値のある成分です。

アウトバストリートメントや保湿オイルなどは

1日の中つけている時間が長いので、

ベースにホホバオイルなどが使われてるものを使うと、

リスクも少なく長い目でみたら

髪や肌も改善されていくと思います。

質感に物足りなさを感じるようでしたら、

柔軟性や手触りをあげてくれるような成分が微量配合されているものを選べたら、

リスクも少なく好きな質感に近づけると思います。

もちろんそれでもリスク0ということはないので、

異常を感じたら使用は中止してお医者さんに相談してください。

参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました