【今さら聞けない】ところでアッシュって何色?

サロンワーク

割とヘアカラーに馴染みのある人は、なんとなくアッシュと言われてイメージ出来ると思いますが、

そうじゃない人は「アッシュって?」「よく聞きはするけど、なんだかよくわからない。」

って人も多いと思います。

今回はアッシュとは?&美容師が言ってるアッシュって?って感じで解説したいと思います。

※割と抽象的な部分もあるので、色味の印象を決めつけてしまいそうな写真は載せません。

視覚的に知りたい人は、アッシュで画像検索してみてください。

アッシュは英語で灰

Wikipedia〜ASHより

つまりアッシュとは灰や灰色という意味になります。

ただ、一般的には灰色というと、「gray(グレー)」をイメージするかと思います。

実際、ほとんど同じ意味合いで使われてる様ですが、

『無彩色の灰色』がグレー、『やや色味を持った灰色』がアッシュとされてる事も多い様です。

ヘアカラーで言うと

ヘアカラーで例えた場合、基本日本人の髪の毛はブラウンベースなので、

だいたいが、『グレーがかったブラウン』をアッシュと言います。

『やや色味の持った灰色』ですね♪笑

赤味やオレンジ味を抑えてくれて、くすんだブラウンになります。

そこから派生して、〜アッシュとか、アッシュ〜みたいなカラーがうまれています。

ブリーチなどで、色素を薄くして色味の感じないアッシュ系をリクエスト受けますが、

だいたいがシルバーとかグレーみたいな表現になってったりします。

カラー剤で見ると

カラー剤の色味で見てみると、

参考資料)原宿 美容室 Sherry様

アッシュは青味がありますね。

『やや色味のはいった灰色』ですね笑

これは日本人特有の赤味オレンジ味を消してくれる効果があります。

なので、髪の毛に染めると赤味などを消してくれるので、

グレーがかったブラウンになります。

無彩色のグレーは、グレーとかシルバーとかモノトーンと表記してる事が多いですね。

美容師が言ってるアッシュってのは

もちろん全ての美容師さんを知ってるわけではないので、例外もあるかと思いますが、

だいたい灰色や青味のかかった灰色をアッシュと呼びます。

人によっては、ベージュや緑味かかった色(マット)もアッシュでくくってます。

そこら辺は人それぞれの価値観もあると思うのですが、

イメージとして、アッシュは灰、やや色味のある灰色。

ヘアカラーでは灰色、青みのかかった灰色(グレー、ブルーグレー)

髪に染めると、グレーがかったブラウン(明るさにもよる)

という感じで覚えておきましょう^ ^

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました