【今さら聞けない】普通のパーマ(ゴールドパーマ)とデジタルパーマの印象と違い

サロンワーク

ここ数年でパーマの種類や、〜パーマみたいな商品が多くなってきましたね。

正直自分も全部はわかりません笑

そんな中で、今回は大きく分けて2種類、

普通のパーマ(コールドパーマ)とデジタルパーマ(ホット系パーマ)の違いを解説していきたいと思います。

細かい話をすれば、髪の毛のなんちゃら結合が…とかありますが、

まぁ、そんな話は皆さんさほど興味はないと思うので、

かけた印象や違いなどを中心にいきます!

パーマ(コールドパーマ)

パーマと言われて、だいたいみなさんがイメージするものは、

こっちのコールドパーマと呼ばれるものになります。

こういうやつですね♪

水パーマとか、コスメパーマとか色々ありますが、

基本的に薬液の違いや、途中工程での違いなだけで、

同じくくりのパーマです。

かけると、濡れている髪のときにしっかりカールやウェーブが出て、

乾かすとややだれます。(パーマの強さによる。)

したいスタイルにするには、スタイリング剤も必要になってくるので、

ワックスやバームなどあるといいですね♪

年配の人の根本立ち上げての強めパーマや、ピンパーマ、ツイストパーマなど、割とデザインとして呼ばれるパーマの種類とかはこのパーマに属します。

デジタルパーマ(ホット系パーマ)

パーマと同様にこういうロッドというものを巻いたあと、

機械に繋げて熱を加えます。

こんな機械ですね。

パーマに比べて、髪が濡れてるときと乾いているときで、カール差が少ないの特徴です。

なので、巻き髪のような大きめのカールやニュアンスカールに向いています。

コールドパーマだと、乾かしたときにだれてしまうので、

そこに誤差がうまれてうまくいかないケースもあります。

熱でパーマをかけるので、縮毛矯正をした髪などにも割と狙いどうりかけれたりもします。(ダメージは大)

元々パーマは乾燥しやすいのですが、デジタルパーマの方が熱を加えてる分乾燥しやすいかも・・・

しっかりパーマをかけたいとか、根本からパーマが欲しい人にはちょっと向かないかなぁと思います。

パーマの立ち位置として…

コールドパーマしかり、デジタルパーマしかりパーマは、

髪型を整えたり、スタイリングを楽にしたり、おしゃれでしたり、様々な用途で使われていて、

今はパーマ自体の種類もそうですが、薬剤の種類やかけ方のパターンもたくさんあるので、

それの組み合わせで、色々なデザインが作れます。

みなさんがしたいスタイルに合わせて、パーマの種類によっての得意不得意を理解して、

美容師さんと一緒にパーマの種類を選んでいけたらいいなと思います。

ただ、経験上どんなパーマもかけ方で差はあれど、ある程度乾燥するので、保湿は大切にして下さい。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました