食用オイルを化粧品として髪や肌に使うのはあまりオススメできない理由

ヘアケア

何年か前に某有名ハリウッド女優が、ココナッツオイルを食用にはもちろん、

ヘアケアやスキンケアにも使っていることで、

結構話題になって流行ったりして、今でもココナッツオイルやエクストラバージンオイルなどで、ヘアケアやらスキンケアをやられてる人は一定数いて、

身体にいいものだから、肌にも髪にも優しいという認識でいる人も多いように思いますが、

はたして、本当にそうなのか解説したいと思います。

結論からいうとあまりオススメは出来ない

です。

そもそもオイルの種類がどうとかではなくて、食用のオイルと化粧品用のオイルは、

オイルの精製度が違います。

精製というのは、学生時代とかにやったろ過とかをイメージしれもらえたら分かりやすいかもしれません。

それの、クオリティ高いやつです。笑

………多分あってると思います。。

なんで、そんなことするの??

それは、ココナッツオイルにしてもオリーブオイルにしても原油には不純物なども多く、

不純物の量や物によっては食用にも肌にも問題があるので、

その為、不純物を取り除くために精製をするのですが、

食用や化粧品用などの用途に合わせて、精製度を分け(精製グレード)て行なっています。

※ちなみに天然のオイルを原油のまま使うという事はほとんどないです。。

なぜ、精製グレードを分けるか

食用のオイルと化粧品のオイルでは、化粧品のオイルの方が、精製グレードは高く不純物が少なくなるようになってます。

理由は、ある程度の不純物は食用の場合、風味や旨味に感じるのですが、

そういった身体に摂取しても問題ないものでも、皮膚に付くと刺激になるという事は結構あります。

その為、精製グレード分けつつ化粧品用オイルを高くして、ヘアケアやスキンケアにも使用できるようにしています。

言い方を変えると、食用オイルは皮膚刺激を受けるリスクが高いので、

ヘアケアやスキンケアにはオススメ出来ないという事です。

好きな人には良いが、万人向けヘアケアではない

とは言え人によって、「私は皮膚刺激もないし、香りや質感が好き」っていう人はいると思うので、

そういう人は、それで良いとは思いますが、

決して、万人に適したオイルケアではないので、

憧れの人を真似して使おうと思ってみたり、人にオススメしたりするときは、慎重に今回の記事を覚えておいてください。

最後に個人的な見解として

そもそも、食用オイルを髪や肌に使うリスクはオイルそのものというより、不純物が原因のことが多いので、

運の要素も多いかなと思います。

なので、普段食用オイルを使っていて問題ない人も、新しいものを使う時は慎重になった方がいいかもしれないですね。

基本はおすすめしませんが…笑

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました