素髪にするメリット3選+条件付きメリット2選

ヘアケア

今回はこんな記事でいきます。

そもそも素髪とは、皮膜コーティングや補修成分、薬剤、残留成分のない本当に髪の毛だけの状態の事です。

こういうと、「どうゆうこと?」ってなりそうですが、

髪の毛には、スタイリング剤やトリートメントをつけたり、

普通のライフスタイルの中で、何かしらが髪についている状況にあります。

それの一切を取り除いた状態を素髪と言います。

自分はシャンプー後は、その素髪の状態になる事を強く勧めています。

今回はその素髪の状態を作るメリットを3つと、

条件付きのメリット2つを紹介します。

今の自分の髪の状態をちゃんと確認できる。

素髪にする事で、今の自分の髪の本質がどういう状態かわかります。

ギシギシしてるなーとか、意外と指通りいいなとか。

スタート地点が明確に分かっている事がヘアケアではかなり大事です。

そこが明確に分かっていると、良くも悪くも髪の変化に気づけるようになります。

トリートメントが浸透しやすくなる。

素髪の状態というのは、いわば何も補修成分やコーティングのない空の状態です。

ここに、トリートメントを入れていくわけですから、

MAXでトリートメントの能力を吸収できます。

あと、トリートメントというのは、

毎日、新しいトリートメントを髪に浸透させていく必要があります。

それが出来ないと、トリートメントは外から中に浸透していくので、

古いトリートメントがどんどん中に押し込まれていって、

それが、何かしらの油性成分だったりしたら、

髪の中で、酸化して・・・

ドライヤーで乾きやすい。

です。

髪の毛は、究極何もついてない状態が一番乾きやすいです。

さらに健康状態が高いほど、乾きやすいし乾いたら、

サラサラです。

ダメージが強い髪ほど、乾きにくく乾いたら、

バサバサです。

乾きにくいのは、単純に水分が抜けにくい状況だからです。

素髪にできていない事で、油分が水分を閉じ込めているのかもしれません。

乾きにくい経験のある人、

あなたの髪は水分や油分が必要以上に含まれていませんか?

次からは、条件付きのメリットです♪

パーマが復活する。

これは、言うまでもなくパーマがしっかりかかっている前提です。

パーマが落ちてくると言う経験皆さんあると思いますが、

それって、日々の生活の中で、素髪になってない事で、髪が重くなっていませんか?

髪は重くなると重力に逆えず、

下に向かっていきます。

これって、パーマがだれている状態です。

これって、もったいなくないですか?

こうならないためにも、必要以上に何かが髪についている状況にならないように、できると良いなぁと思います。

ちなみに、この状態になっても、素髪にすることで髪が軽くなり、

パーマが復活するかも・・・

使用している他のヘアケアの答え合わせがしやすい。

そもそもヘアケアにそんな興味のない人は、関係ないですが、

今使ってるトリートメントの具合だったり、

洗い流さないトリートメントだったり、

それらの効果の感じ方だったりが、

その時その時によって、違ったりした事ないですか?

最初は調子良かったけど、最近イマイチ・・・とか。

厳密な理由を話すとそれはそれで長いので、またいずれするとして、

これを解消するには、スタートラインを常に一緒にする必要があります。

スタートラインが常に一緒だと、他のヘアケアアイテムが髪に与える影響も、

常にほぼ一定なので(同じもの使ってていきなりめっちゃ効果でてるぅ〜なんて事絶対ないです。)、

合ってるな!ダメだな!の、答え合わせがしやすいです。

頭皮環境にも、、

ちゃんと、素髪に対して考えられているシャンプーは、

理屈で考えると頭皮に対しても良いはずなので、

痒み、フケを抑え頭皮を健やかに保つのに効果的です。

髪のコンディションを作るのは、トリートメントなどに任せていけば、

素髪になるのは、メリットしかないかな~

と、思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました