【今年は暑い!】洗浄回数と洗浄剤の関係性

ヘアケア

毎日毎日暑い日が続きますね。。

こう暑い日が続くとシャワーを浴びる回数が増える人も多いと思います。

その都度汗を流すだけでなく、毎回シャンプーしたり、身体を洗ったりしていますか?

1日に何回も髪や身体を洗うのは洗い過ぎなのか否か、

洗浄剤の種類と混えて解説していきます!

洗いすぎは、「肌荒れ」「乾燥肌」の原因に

ちょっと専門的な話にもなるので、参考にした本とその一節を紹介します♪

個人的には、復習も兼ねて読んでますが、なかなか衝撃的な内容や、眼から鱗の章もあるので面白いです!!

そんな中で、

「肌荒れ・乾燥肌は洗いすぎが原因だった」

という章があります。

そもそも、皮膚の汚れは常に新陳代謝が行われ、垢と共に剥がれ落ち、自然と毎日きれいになる仕組みになっているそうです。

昔、『ラウリル硫酸Na』や『ラウレス硫酸Na』が洗浄剤の主流だった時は、

週2程度の洗浄で十分だとされていました。

過剰な洗浄によって、肌の乾燥や湿疹、細菌感染、アレルギーのリスクは高まると臨床研究で確認されているそうです。

また、洗いすぎで肌を傷つけないように気を付ければ、皮脂や天然保湿因子NMFなどの肌のバリア機能がすぐ再生されるので、洗った後は基本何も必要なくなります。

洗浄剤の洗浄力を見直そう

とはいえ、昔とは時代も違うし、現代はトリートメントなどのヘアケアやライフスタイルの中で、

オイル(油)が髪や体に付着する事が多いとされています。

油分自体は、洗浄剤にも含まれる界面活性剤の作用でないと落とせないから、

毎回洗いたくなる気持ちもわかるので、「これは変えられない!」という方は、

使っているシャンプーなどを、洗浄力の穏やかな「アミノ酸系洗浄剤」に変えてきましょう。

洗浄力の強いものより大幅にリスク回避ができると思うので、おすすめです!

ただ、しすぎないリスク回避には敵わないので、できれば1日1回位の洗浄で抑えられるといいかと思います。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました