スタイリング剤を成分評価するのは意味がない理由。【肌荒れしてしまう人への対策も】

スタイリング

巷には、ヘアワックスやジェル・グリースなどのスタイリング剤がありまして、

作りとしてはシャンプーやトリートメントなどと同じように、化粧品成分を配合させて形にしていくのですが、

スタイリング剤はシャンプーやトリートメントに対して、全成分で評価していくのはあまり意味がないので、

そんな話を解説していきます。

最近はヘアバームなど保湿クリームとしても使えることを売りにしているものもあるので、

例外はありますがセット力や髪のまとまり具合より成分的なこだわりを持つのはあまり意味はないかもしれません。。

スタイリング剤で1番大事なのは『セット力と使用感』

前述しましたが、スタイリング剤を選ぶ上で、1番大事にしたいのはしたい髪型にセット出来るかどうかだと思います。

もちろん好きなヘアスタイルを作るのにカットやパーマが必要な事もありますが、

髪を動かしたい・流したい・ツヤを出したい・整えたいが、イメージ通りもしくは納得いく範囲でセット出来ることが、スタイリング剤の必要性です。

そんな中で、何が配合されているとかの成分分析するのはさほど意味がないかと思います。

ヘアセットのニュアンスを決めるのは、どれくらい(何%)配合されているか。

セット力の強弱をつけるにあたって、各々必要な成分は色々あるのですが、

基本的には、ワックスやグリースなどの種類によって、どんなメーカーでも割と近い成分構成になってます。

ワックスならワックスなり、グリースならグリースなりの作り方は結構似ていたりします。

その1つ1つの成分たちの配合量の違いでセット力やツヤが変わってくるのですが、

ヘアケア商品は配合量まで表記する義務はないので、

そこまで、表記しているスタイリング剤はほぼないと思います。

1つ1つの成分を何%配合しているかは消費者にはわからないです。

なので、全成分表のみで評価するの実は本質的ではないのです。

補修成分もほぼ効果はない。

トリートメントやアウトバストリートメントと比べても、

そもそも補修効果を優先的に考えているわけではないし、補修効果を優先的に考えてるとしたら、

セット力を失っていくのでスタイリング剤としては、求めているセット力を出せなくなっていくので、

本末転倒になります。

セット成分+補修成分を効果的な量を配合させるのはむずかしいです。

最後に〜肌がスタイリング剤をうけつけない人は〜

スタイリング剤も、肌が弱い人からすると痒くなったり、

赤くなったりで使いたくても使えない人もいると思います。

ヘアワックスならヘアワックスの中で、自分の肌に合うものを探すのもひとつですが、

なかなか大変だし、見つかるまでの肉体的にも精神的にもかなりすり減りますよね?

なので同じスタイリング剤で探すより、ヘアワックスがダメならヘアジェルみたいに全く違う作りのスタイリング剤で探してみると良いです。

決して、そうしたら万事okというわけではないですが、同じタイプのスタイリング剤で探すより、だいぶ可能性は上がります。

それでもダメで、だけどどうにも髪がまとまらないからスタイリングしたいという人は、

肌にも保湿クリームとして使えるようなヘアバームや、

スタイリング力は劣りますが『ワセリン』でスタイリングするのもアリかと思います。

スタイリング力はあまり強くなく、人によってはべたついて感じてしまうかもしれませんが、

『ワセリン』はおすすめですね!

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました