【今更聞けない】シャンプー・トリートメントは同じメーカーで合わせた方がいいの?

ヘアケア

皆さんはシャンプートリートメントはどんな感じで選んでますか??

同じメーカーのセットで使ってますか?

各々好きな質感のもので選んでますか?

今回は、シャンプーとトリートメントの関係性と、

どんな感じのセットで使った方が良いのか解説していきます。

シャンプーとトリートメントの関係。

シャンプーとトリートメントは同じメーカーで揃えた方がいいんでしょ?

とか、

シャンプーはこれで、トリートメントはここの使ってるけどこれで良いの?

とか、

これはかなり良く聞かれる質問ですね!

揃えて使ってないと、いけない事みたいに思っている人は結構多いです。

本当はどういう使い方が良いのでしょうか?

結論を言うと別に同じメーカーや同じ商品のシャンプートリートメントを揃えなくても大丈夫です^ ^

使用できる化粧品成分なんてどこもほとんど一緒ですし、

薬機法で決められたルールがあるので、

このシャンプーにはこのトリートメントじゃなきゃダメとか全然ありません。

一部大手メーカーさんは、特許成分を使用していることもありますが、

化粧品分類の枠から大きく逸脱して、効果があると言うことはないです。

【ヘアケア選びに役立つ】薬機法の化粧品における表現のガイドラインをさらっと解説

シャンプー・トリートメントのメーカーはどんな組み合わせでもOK

確かにメーカーさんによっては考えられた作りをしているところもありますが、

逆にメーカーによっては、シャンプートリートメントのバランス悪いなーっていうのも割とたくさんあります。

同じシリーズのセットで、シャンプーの洗浄力は強そうなのに、

トリートメントは軽かったり、

トリートメントはしっとり系の重めなのに、

シャンプー洗浄力弱かったり・・・

実際サロンワークをしていて洗浄力の弱いシャンプーだと、

しっかり泡だてて良く洗っても、

なんかすっきりしないみたいな事良くあります。

ワックスなどつけてスタイリングしている時は特にですね。

大切なのは洗浄力と皮膜コーティング力のバランス

じゃぁ、どのように選ぶのがいいのかというと、

シャンプーの洗浄力とトリートメントの皮膜コーティング力のバランスが取れてるセットがベストです。

スタイリングをいつもちゃんとしたり、

しっとりめの流さないトリートメントつけたりする人は、

シャンプーの洗浄力のほうがやや強めの方がより良いですね。

だけど洗浄力が強すぎると必要な油分や脂質も取ってしまって、

乾燥したり使い続けたら不必要に軋みやパサつきを生むので注意が必要です。

非イオン界面活性剤とか配合されているものはおすすめですね。

【刺激・ダメージほぼなし】ハードなワックスなどもしっかり落としてくれる成分を解説。

皮膜コーティング力が洗浄力に対して強すぎると洗っていてもオイリーさが残ったり、

質感がだんだんと悪くなっていくし、

油分や皮脂が洗いきれず酸化していくので、

ダメージの原因になったりします。

なので、このバランスはとても大事です。

オススメ洗剤vol.1ラウレス-○カルボン酸Na・ラウレス-○酢酸Na(酸性石鹸)

About-betaine-detergents

そんな事言われても、成分の事なんてわかるわけないよ!って声が聞こ得てきそうですが、

まぁそりゃそうですよね。大体の人は全成分なんて読めないし興味持てないですからね。笑

実際ちゃんとバランスを取れてるシャントリはたくさんあるのですが、

分かりやすいやつを2パターンだけ伝えたいと思います。

まず、ラウレス-○カルボン酸Na(○には数字が入りますが、基本気にしなくて大丈夫です。)は酸性石鹸と言われて、

石鹸と同等の洗浄力を肌や髪と一緒の弱酸性領域で発揮できる成分です。

【個人的No.1洗浄成分!!】カルボン酸系洗浄剤について

石鹸は基本強アルカリです。

なので、スッキリ洗い上げれる洗浄力なのに髪や肌に低刺激だという事です。

生分解性にも優れていて環境にも優しいです。

この成分が全成分表示の水の次か3番目にあるシャンプーは、

割と高い洗浄力で低刺激だと思います!

オススメ洗剤vol.2ココイルメチルタウリンNa・ココイルメチルタウリンタウリンNa・ラウロイルメチルタウリンNa

タウリン系と言われる洗浄剤ですね。

よくアミノ酸系の洗浄剤に分類されがちですが、厳密にはアミノ酸系洗浄剤ではないです。

【アミノ酸ではない!?】タウリン系洗浄成分について

さっぱりと洗い上げる洗浄力で低刺激です。

アミノ酸系よりは洗浄力が高くよほど肌が弱い人は

アミノ酸やベタイン系より少し刺激を感じる可能性もありますが、

普通に気にしなくても大丈夫レベルです。

硫酸系とかに比べたらはるかに低刺激でオススメです。

オススメシャンプーをいくつか紹介。

いいシャンプーは色々あるんですが、今回の記事に沿った感じでおすすめなのを何個か紹介します!

ちなみに、ニライカナイで使っているシャンプーはNaruとこれの2トップです!

【しっかり洗えて低刺激】ディアテック カウンセリングプレシャンプー

洗浄力は良好な誰にでも使いやすいシャンプーですが、

カラーやパーマには特別対応はしてません。

ルベル ナチュラルヘアソープwithホホバは、

Naruシャンプーが出来る前まで自分はこれ使ってましたね♪

カウンセリングプレシャンプーに似たシャンプーですね。

何回かドラックストアでも見た事があるので手軽に買えると思います。

created by Rinker
¥3,938(2021/09/20 12:32:34時点 楽天市場調べ-詳細)

個人的には、今市販で買えるシャンプーの中で1番オススメかもしれません。

ボタニストは種類が多いですがスカルプが良いと思います。

【サロンクオリティ】市販のオススメシャンプーを紹介【ボタニスト ボタニカルスカルプシャンプー】

トリートメントは基本好きな質感のものでOK!

上記の洗浄剤でシャンプー出来たら、

基本トリートメントは好きな質感のを選んでいいと思います。

ざっくりしたイメージとして、全成分で水の次に「ジメチコン」などのシリコーンオイルや

「ミネラルオイル」や「流動パラフェン」などが来ているものは、結構しっとり系に質感です。

配合量的に2番目に皮膜コーティング力の高いオイルが来るのは、

その分そのアイテムに対しての配合量も多くなるので、

その分かなり重ためのしっとり仕上がりになるとなります。

それだけでも皮膜がしっかりついてるのに、

例えばドライヤーの前とか寝る前とかにオイルつけたりしたらさらに皮膜がついて重くなります。

まぁこれは好みなので、それが好きな人もいるとは思いますが、

これが毎日続くと、いくら上記のシャンプーを使っても、

油分が取りきれなくなると思うので、

そうすると皮脂や油脂などの長時間の付着から、

質感の低下・酸化懸念からダメージの不安もあるので

2度洗いなどして、お落としきれるようにしてください。

シャンプーの2度洗いのメリットデメリット。【髪や肌への影響】

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました