【カラーのメンテナンスを自分で!】 カラーシャンプーの紹介

おすすめアイテム

最近サロンワークでハイライトやグラデーション、

インナーカラーなどのデザインカラーが増えていて、

さらにブリーチを使うような明るさと色味を出すカラーがとても多くなってきています。

まぁインスタとかを見ると

そういうカラーは映えるので、

UPされることも多く、よく目にしてるとは思いますが、

実際サロンワーク全体で考えるとごく一部でした。

その中でも少し前からやる人増えたなーという実感しています。

これも、ひとえにセルフメンテナンスが

豊富になってきているからですね。

その一角を担っているのがカラーシャンプーです。

今回はカラーシャンプーについて紹介していきたいと思います。

カラーシャンプーとは退色した髪色を補填してくれるシャンプー。

そもそもカラーシャンプーとは、

こういうやつですね。

ニライカナイでは最近はhoyuの【somarca】をよく使ってます。

その前は、【ロイド】を使ってましたね。

こっちもおすすめです。

一見シャンプー剤自体が、

濃色なのでめっちゃ染まりそうな感じしますが、

実際は然程染まりません

むしろ、1回くらいだと全然染まってないじゃん!と感じるでしょう。

完全に肩透かしです。

でも、それが良いんです。

色ががっつり入らない分失敗がないので、

とても使いやすいです。

ブリーチをしたくない理由の1つ退色のストレスを少なくしてくれる。

基本的にブリーチを使ったカラーってのは、みんな好きです。

ブリーチをするかしないかの違い。【色の見え方・髪への影響】

ヘアカタログ見てても、ブリーチしてるしてないはわからないけど、

そういうデザインに目はいってると思います。

透け感や色味などが1回のカラーで染めるよりも

バリエーションが豊富でおしゃれです!

でも、じゃぁ実際やる人多いかと言うと、

そんなに多くはなくてブリーチ必要だと伝えると、

じゃぁ、やめとく。

みたいな事は普通に良くあります。

ブリーチしたくない主な理由は、

  • 値段
  • 髪へのダメージ
  • 伸びてきた地毛(プリン)との差
  • 褪色

だと思います。

退色を自分でメンテナンス出来る。

上記の中で、値段やダメージは絶対生じるものだし、

プリンの修正はなかなか難しいですが、

最近、ブリーチを使ったカラーが増えてきたのは、

退色をカラーシャンプーやカラートリートメントなどで、

自分でメンテナンス出来るようになった事が大きいです。

毛先の褪色はある程度自分でメンテナンスできるようになると、

だいぶ持ちを長く感じる事ができます。

この手のものは昔からあるにはあるのですが、

種類と認知がめちゃくちゃ増えて、

各メーカーさんが良クオリティなアイテムを

どんどん出してくれるので、

かなり手の出しやすいアイテムになっています。

最後に〜カラーシャンプーとカラートリートメントのイメージへの注意点〜

割と誤解してる人は多いですが、

どちらも、色を補填してくれるもので、

決して色もちを保ってくれるものではありません。

【注意】カラーシャンプーやカラートリートメントは、ヘアカラーを保たせるものではありません。

色を保たせると言う意味では、ヘマチン配合のカラー用シャンプーなどで色落ちを抑えてあげるのが良いと思います。

【超簡単!】ヘマチンシャンプーの見分け方。【おすすめシャンプーも紹介!】

有能成分【ヘマチン】のメリットとデメリット

ブリーチをしていても、していなくても、

カラーの褪色はこういうアイテムで

セルフメンテナンスできるので、

1つお風呂場に置いておくのもいいんじゃないでしょうか?

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました