ヘアバームでダマが出来てしまう人へ【シアバターの弱点】

ヘアケア

最近人気のスタイリング剤として、「ヘアバーム」がありますね。

かなり認知度もあがってますが、わからない方のためにざっくり説明すると、

肌の保湿クリームにもなるスタイリング剤です!

スタイリング力は低く、艶感やまとまりがでるスタイリング剤です。

(そもそもヘアバームの定義はないので、スタイリング力の強いものもありますが、保湿クリームとしてはベタつく印象なので、個人的には上記の事を定義化しています^ ^)

そんな人気のヘアバームの欠点として、製品に白いダマが出来る現象を耳にする事が多いので、解説していきたいと思います。

※Narucos labo.もヘアバームを作ってるので、製造元に確認したところ、ダマになっても品質的には全く問題はないとのことだったので、そこは安心してください。

ヘアバームの特徴と弱点

ヘアバームの定義としては、前述しているのですが、

ヘアバームの特徴の一つとして、指にとって手で馴染ませると溶けるというとこがあります。

要は「体温で溶けて馴染みやすくする」という事です。

これは、ヘアバームを使うにあたって、髪馴染み肌馴染みを考えたときに、

実感としても効果としても製作する上でとても大事なところです。

ただ、体温は基本35〜37°辺りなので、普通に置いてあるだけでも、真夏日を超えてくると溶け始めます。(もちろん保管状況による)

1度溶けても、気温が下がればまた固まるのですが、その時のそれぞれの成分によって固まる温度(凝固点って言います)が違うので、

凝固のムラでダマが出来てしまうのです。

見えますかね?

シアバターの弱点

主にこの特徴を出してるのはシアバター(成分名はシア脂)と呼ばれる成分で、

ヘアバームだとベースになっていたりすることが多いのですが、

このシアバターが特徴として人の体温で溶けて液状化して馴染みます。

その後温度が下がり固形化していく中で、シアバターの成分のムラができてダマが出来てしまいます。

解決方法

解決方法としては、そもそも直射日光をさけ涼しい場所に置いておく事はもちろんですが、

ダマが出来てしまった場合の解決策として、

一旦、お風呂場などの温度が上がるとこに置いて全部溶かします。

そのあとに、普通に置いといて徐々に温度を下げていくと、またダマになるので、

冷蔵庫などで、一気に冷やします。(一気って表現あってるかな?)

そうすると、ダマが出来ずに固まるのでダマが気になる人はやってみてください。

ただ、こういう冷やし方すると、質感がやや固くなるので、

ダマになっても品質上問題はないってとこと合わせて、好き好きでやってみてください。

参考になれば嬉しいです。

楽天ポイント貯めたり使えます♪

送料無料はこちら♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました