ヘアアイロンを使っても、すぐに取れてしまう理由と解決方法

スタイリング

今やスタイリングの

必須アイテムになってる人も多い、

ストレートアイロンやカールアイロンですが、

もちがイマイチ続かない声をよく聞きます。

髪質のせいにしてしまう人も

多いと思いますが、

その前に是非試して欲しい事を解説していきます。

ちゃんと乾かし、毛流れを整える

濡れてる髪より乾いてる髪、

あっちこっちいっちゃってる髪より整ってる髪、

の方が熱が伝わりやすく熱ムラが起きにくいです。

意外とこのひと手間が

面倒くさかったりしますよね。

でも、熱の当たり方にムラがあるのは、

もちの低下になるのでひと手間かけてあげましょう。

あとオーバードライ(乾かしすぎ)には注意してください。

綺麗なカールより乾燥が目立ってしまうことがあります。

ラクトン誘導体配合のアウトバストリートメントをつける

ラクトン誘導体ってのは、、

メドウファーム-δ-ラクトン

γ-ドコサラクトン

などと書かれている成分です。

これらは、熱の力でケラチン同士を

架橋して髪を強くしてくれて、

カールにハリやコシを出してくれます。

Narucos labo.のアウトバストリートメント、

【Sincere cream】にも【Sincere oil】にも配合されてます!

探してみるの面倒くさい人は、

ぜひ候補に入れてみてください♪

【しっとりまとまる!】Narucos labo. Sincere oil紹介。

アイロンをあてる1束を少なくしてみる

伸ばしたり巻く回数が単純に増えるので、

少し上級者向きですが、

巻く1束が厚いと、

中の毛まで熱が伝わらない事があります。

なので、少し1束を少なくして

アイロンを当ててあげると

熱が伝わりやすく、

もちが良くなります。

カールをつけた後、熱を冷ます

アイロンで熱を加えた後に、

冷ます時間をとってみてください。

髪は熱を加えて形を作って、

冷ますことで形を記憶する性質があります。

『熱結合』と言って、ブローなども同じ原理ですね。

髪の中に手を通して

空気を送ってみたり、

カールの場合は手のひらに

髪を乗せて冷ましてみたりすると、

意外ともちが良くなります。

余熱を冷ますひと手間を

もうけてみてください。

最後に〜それでももちがイマイチな人は〜

パーマや縮毛矯正をオススメします♪

巻きやすくもなるし、

カールも取れにくくなります。

縮毛矯正も今は、

ストレートにする強さの幅が

だいぶ広くなっているので、

強力なまっすぐ!を作るだけではなく

自然なストレートやボリュームを抑えてあげるくらいの

ストレートなど多様化しています。

いつものスタイリングで

困ってることとがあって、

パーマや縮毛矯正も視野に入れているなら、

一度美容師さんに相談してみると

良いと思います♪

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました