【水なしでさっぱり!】ドライシャンプーのメリットデメリット

スキンケア

前回の記事

今、Narucos labo.ではドライシャンプーを製作していますが、

最近ドライシャンプーが人気になってきています。

夏の暑い時期や、仕事中・レジャー中なんかにも活躍していますね!

今回は、そんなドライシャンプーのメリットデメリットの話していきます!

今まで耳馴染みのない人や、入院・介護・災害などで

活躍するイメージの人も多いと思うので、

もちろんそういう時は大活躍だし、実は日常使いでもなにかと便利ですよ!

っという話をしていきたいと思います。

ドライシャンプーとは、水なしで出来るシャンプー。

ドライシャンプーは水で洗い流す必要のないシャンプーです。

洗い流すことをしないので、シャンプーですが泡だったりはしません。

タイプとしては、スプレー・ミスト・ジェル・粉末・ムース・シートなどのタイプがあります。

まぁ、ここら辺は用途によって好みと使いやすさあると思うのですが、

1番ポピュラーなのはスプレーかミストですね。

頭皮や髪につけて、頭皮や髪に馴染むように揉み込んで乾かす。

基本これだけで、皮脂による髪のベタつきや匂いが抑えられます。

ドライシャンプーのメリット

1日の終わりに(朝派の人もいますが。)疲れや、髪や肌に付いた汚れや油分を取るために、身体を洗ったりシャンプーをすると思いますが、

たまには面倒に感じる事もあると思いますよね。

たまにはサボりたいけど、、という人にはドライシャンプーも選択肢の一つに入れてあげるのはありです!

ある程度の皮脂や汚れを取り、匂いも抑えてくれるので、時間をかけてシャンプーしなくても、

ながら使用でもスッキリできます!

あと、毎日シャンプーしたりするのは、髪に良くないんじゃないかと思っている人は、

2日に1回や3日に1回ドライシャンプーを使ってあげてもいいかもしれません。

仕事などの途中で一旦スッキリしたい人にもオススメ。

仕事などの途中でスッキリしたい人は結構オススメだと思います!

外での仕事が多かったり、

気分転換に気持ちをリセットさせるために使ったりも出来ます。

夏場の暑い時期なんかは特にですし、

消臭効果のあるものも多いので、

人に会う前とかにも使えますね!

もちろん入院や災害などで、洗えない時にも

水(お湯)が使えない状況で、何日も髪や身体を洗わずにいるのは、

気持ちも悪いし、衛生的にも不安ですよね?

ドライシャンプーはそういった時にも大活躍してくれます!

個人的な話ですが、自分も入院した時に、

2週間ほど髪が洗えなかったのですが、ドライシャンプー重宝しましたね!

ドライシャンプーのデメリット

まぁ、色々魅力的ではありますが、色々トータル的にいうと、

インバスシャンプー(お風呂での洗浄)には及びません。

入浴して行うのは、水(お湯)の効果も受けれるし、

流す前提なので、その分洗浄力が高い成分などが利用できたりするので、単純に効果が大きいです!

さっぱり感を出すため、エタノールベースが多いので敏感肌の人は皮膚刺激を感じる可能性もある。

ほとんどのドライシャンプーは、さっぱり感を演出するために、

アルコール系(エタノールとか)をベースに配合してます。

普通肌の人は問題ないですが、

敏感肌やお肌の弱い人はピリッとした皮膚刺激を感じるかもしれません。

それと似た内容で傷や粘膜への使用も危険ですし、

刺激も高いと思うので気をつけてリスクのある事は絶対しないようにして下さい。

最後に〜洗浄料としてはあくまでサブ〜

ドライシャンプーはあくまで、

サブ的ポジションのアイテムです。

メインで使うには、色々と弱いですが、

様々な状況で使える良アイテムだと思います!

人気のドライシャンプーをまとめてあるサイトですね♪

老若男女使えるし、1つあるとなにかと便利なアイテムだと思います。

Narucos labo.のドライシャンプーができたら是非よろしくお願いします。笑

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました