シャンプーの2度洗いのメリットデメリット。【髪や肌への影響】

スキンケア

シャンプーで2度洗いしたくなる時は、

1回のシャンプーで泡立たなかったり、

シャンプーしたのにスッキリしなかったりした時だと思います。

そんな時に「あれ?2度洗いってあんまり良くないんだっけ?」って考えたことありませんか?

「シャンプー 2度洗い」で検索してみると、

上位10記事の中にでも2度洗い推奨派と二度洗いダメ派が混合しています。

どっちも正しい側面はあるので、

今回は自分なりに解釈してどっちの言い分も合わせて、

一つの記事にまとめて書いていきたいと思います。

2度洗いおすすめできないパターン。

結論をいうと、『シャンプー剤の洗浄力と脱脂力の強い場合』です。

割と安価な市販のシャンプーに多いですね。

1度洗いでもかなり強い洗浄と脱脂をしてしまうので、

基本的には1度洗いでもオススメはしていません。

【市販にも多数!】シャンプーには向いてない洗浄成分4選

なのに、2度以上洗うということは、

ごっそり皮脂や油分を落としてしまうことになります。

保湿の意味でも油分はある程度残しておく方が良いので、

髪や肌にはあまり良いことではないです。

さらに、医薬部外品のシャンプーなんかは、

さらに殺菌剤などが配合されているので、

皮膚常在菌までごっそり死滅させてしまうので、

頭皮環境を大きく乱してしまいます。

頭皮の痒みやふけ、髪の毛が弱々しくなる原因の1つではありますね。

シャンプーは基本薄毛などの心配はないですが、

ちょっと心配になっちゃいますね。

薬用シャンプーを使い続けるリスク【医薬部外品の罠】

安価で洗浄力の強いシャンプーを使っていて

それでもセット次第では、1回洗っただけじゃ泡立たなかったり、

何だかスッキリしない事もあると思います。

そういう場合はシャンプーに配合されている、

何かしらのコーティング剤が影響している可能性が高いので、

シャンプーを見直してみましょう!!

シリコンシャンプーの是非【問題なのはシリコンではない。】

後、実感としては感じる人は少ないかもしれませんが、

精油の配合の多いシャンプー剤は、

人によっては皮膚刺激やアレルギーリスクも高まるので、

2度洗いはあまりオススメはできません。

化粧品における精油の効果とリスク

2度洗いおすすめできるパターン。

結論から言うと、『オススメできないパターン』以外です。

もう少し、絞ると『アミノ酸系洗浄剤や酸性石鹸系洗浄剤』

は2度洗いしても何ら心配はないと思います。

【髪にも肌にも優しい。】アミノ酸系洗浄剤のメリットとデメリット。

【個人的No.1洗浄成分!!】カルボン酸系洗浄剤について

適正〜やや弱めの洗浄力なら問題ないし、

もし1度のシャンプーで泡立たなかったり、

スッキリしない感じがあれば、むしろ2度洗いを推奨します。

【アミノ酸ではない!?】タウリン系洗浄成分について

こういう洗浄成分がベースの場合は

2度洗いしても過洗浄になりにくいので、

おすすめです。

髪にワックスが残っていたり、

古いトリートメントが残っていたりする方が、

髪や肌にはリスクが高いので、

できるだけ取り除いてあげましょう。

シャンプー&トリートメントの最初は良かったけど・・・が、起こる原因とその解消法

アミノ酸系や酸性石鹸系は、

普通に使っていれば皮脂などを取りすぎるということはないですが、

もし、頭皮の乾燥などを感じるようなら、

使用をやめてシャンプーを見直してみましょう。

この成分が合ってない!とはなかなか見極められませんが、

成分構成上の何かが合わないのかもしれません。

最後に〜当たり前ですが、洗浄力は本当に大事〜

洗浄の効果って実際は目で見えないし、

質感に大きく影響を与えるものではないので忘れがちですが、

髪を素の状態、『素髪』にするタイミングってシャンプーの時にしかないので、

綺麗な髪や肌で長くいる為に、

大事に考えていきたいですね!

素髪にするメリット3選+条件付きメリット2選

シャンプー選びに迷ったら、

ぜひNaruシャンプーも選択肢に入れてやってください♪

【さっぱり洗えて低刺激】Narucos labo. Naru shampooの紹介【ヘマチン配合】

“酸性石鹸ベースでヘマチン高配合”

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました