【注意】カラーシャンプーやカラートリートメントは、ヘアカラーを保たせるものではありません。

ヘアカラー

最近のカラー事情で、美容師をかなり助けているであろうカラーシャンプーやカラートリートメント。

個人的な肌感としても、これらのおかげで最近ブリーチを使った施術も増えた気がします。

一昔と比べたら、クオリティも高くなっているし、種類も豊富になってきていますが、

高クオリティ&多種類が故に便利な一面、考え方として、

それは違うよ!

って事が浸透していたりもします。

今回は、その考え方は間違ってるよって事を話していきます。

カラーシャンプー&トリートメントはヘアカラーを保たせるものではありません。

ちょっと勘違いしがちなのですが、カラーシャンプーやカラートリートメントは、ヘアカラー色持ちを保つものではなく、

退色したヘアカラーを補うものです。

どういうことかというと、カラーシャンプーもカラートリートメントも髪に色が入るもの、要は着色するものなので、

退色して明るくなった髪には、ある程度色が補填される事で黄色味やオレンジ味を消してくれたりして、落ち着かせてくれますが、

せっかく綺麗に染めた髪にすぐ使ってしまうと、綺麗な色の上から更に色を補填してしまうので、

暗くなったり、色味が変わってしまったりで、綺麗な髪色が失われる可能性があります。

使用頻度にもよって変わるのですが、

数回じゃわからなくても頻繁に使うと、

顕著にあらわれます。

ヘアカラーを保たせたかったら、ヘマチンシャンプーがおすすめ。

保たせる事と、補うことがごっちゃになってしまうと、カラーシャンプーで髪色キープ出来るかのように勘違いしてしまいますが、

実際は、上記のように少し違うので、注意してください。

ヘアカラーを保たせたい場合は『ヘマチン』や『カタラーゼ』配合のシャンプーがおすすめです。

その中でも、ヘマチン配合商品は比較的手に入れやすいので、1番良いかもしれません。

その後の、トリートメントもヘマチンや保湿・保水効果の高い『セラミド』が配合されているトリートメントを選んでみて下さい。

セラミドは、Narucos labo.もERuトリートメントやSincere creamに配合されていますが、退色防止には効果的と言われています。

最後に〜どっちが良いとかの話ではなくて、上手に使い分けてみましょう。〜

退色を抑えてくれるシャンプーを使っていても、ヘアカラーは必ず退色して明るくなります。

そうなってきて、

色抜けて、明るくなったな〜。。

と思ったら、カラーシャンプーやカラートリートメントを使って色を補ってあげましょう!

どっちが良くて、どっちがダメ!!とかそういう話ではなくて、うまく使い分けれることで、長くヘアカラーを楽しめるのではないかなと思います。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました