シャンプーで髪の油脂汚れをとりやすくして、さらに香りを髪に残しやすくする方法

ヘアケア

今回は、毎日のシャンプーの前にひと手間加えるだけで、汚れや油分が取れやすくなって、

シャンプーの良い香りが髪に残りやすくなる話です。

街ですれ違った人からシャンプーの良い香りがしてくるとドキッとしますよね♪

ちょっとひと手間加えるだけで、普通にシャンプーするより効果を得れるので、

そんなテクニックを解説します!

汚れや油分をとりやすくして、香りを残しやすくするひと手間とは?

それは、シャンプー前の『ブラッシング』です。

ロングヘアの人とかは、やってる人もいると思いますが、

なかなか習慣としてやっている人はいないかなと思います。


使うなら、こういうのがおすすめですね!

シャンプー前の乾いた髪の状態でブラシを使ってとかしてあげると、

スタイリング剤や油分と髪との密着度が弱くなって、シャンプーで取れやすくなります。

油性成分以外の汚れは基本とれていくと思います。

香りもつきやすくなる

以前、製造元さんと香りについて話したところ、「シャンプー前にブラッシングする事で、香りが残りやすくなりますよ。」

との事でした。

シャンプー前に汚れを浮かせて取れやすくすると、物理的にシャンプー剤が髪につきやすくなるので、

香りも残りやすいそうです。

逆に、髪にスタイリング剤などが残っていると、嫌な匂いがしやすく、シャンプーなどの香りも変化してしまう可能性があるそうです。

ブラッシングの仕方

でも、ブラッシングってどうやるの?

まず頭皮を引っ掻くようにブラシを入れるのはやめましょう。

頭皮が傷つくので、フケやかゆみの原因になります。

根本から毛先にブラシを入れていくのですが、途中で髪が引っかかったりしたら、

無理して引っ張るのではなく、一旦ブラシを抜いて、細かく引っかかりをほぐしてあげましょう。

あまりに絡まりの強い人は、毛先から少しずつほぐしてあげると良いです。

最終的には、根本から毛先までブラシが通るくらいにして下さい。

これが理想です。

最近はヘアサロンではあまりやらないですが…

自分が新人の頃はブラッシングの練習してた気がします。

最近はありますかね??

今は、ニライカナイではシャンプー前にブラッシングするケースは本当に稀です。(これは土地柄で違うとは思いますが。)

でも、それはヘアサロンのシャンプークオリティが、おうちのシャンプーよりちょっとだけ高いので、しなくても良い状況が多いだけで、

家では『ブラッシング』込みでシャンプーしてあげると、よりヘアサロンのクオリティに近づくと思います。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました