髪の状況別!ヘアケア何から始めたら良いの?

ヘアケア

まず、前提として基本的にヘアケアは、シャンプー・トリートメント・洗い流さないトリートメントがあれば十分です。

やたら色々とつける必要はないし、ものによっては皮膜過多でオイリーな髪になりやすく、

シャンプーでちゃんと洗い流せないと、逆にダメージになります。

この3種類さえ抑えておけば、まず間違いはないです。

シャンプー・トリートメント・洗い流さないトリートメントどれから見直せば良い?

この3種類を抑えていたらまず間違いないのですが、

実際、Narucos labo.シリーズで揃えると、

約8250円かかります。(シャンプー・トリートメント・洗い流さないトリートメント)

これを高いと思うか、否かは人それぞれですが、

好きになれるかどうかわからないものに、いきなりこの値段で揃えるのは勇気がいる人も多いと思います。

(ちなみに、Narucos labo.ではお試しセットもありますので、見に来てください♪送料無料。)

なので、今回は髪の状況別、どれから揃えたら良いか解説します。

細かい髪のコンディションも加味すると、情報が多くなりすぎてしまうので、

今回は、本当の髪のコンディションより、一般的に感じる髪の状況で分けていきたいと思います。

髪のダメージを結構感じる人

繰り返しのカラーやパーマ(縮毛矯正)などで、

髪のぎしぎし感やごわごわ感を感じる人は、

まず洗い流すトリートメントから始めましょう。

ここで話しているトリートメントは、美容院とかのサロントリートメントではなく、

自宅での毎日のヘアケアのトリートメントです。

遠回りでも気持ち穏やかにゴールに向かいたい人向き

実際、トリートメントで髪は良くなりませんが、

まずは、ギシギシごわごわのこのコンディションを整えたいですよね。

実感としては綺麗にならないと、いくら正論並べられても、

よっぽど意識高くないと、ヘアケアなんて続けられません。

この話だけだと、ケミカル好きな美容師さんが、

残留物を流すのはシャンプーだから…とか、その中でトリートメントしたら、ダメージの原因を閉じ込めてよりダメージが…とか言いそうですが、

そんな美容師には、こう言いましょう。

「あなたの言いたい事は正しいかもしれないけど、私の気持ちも分かってよ!」と。笑

まぁ、実際正しい事なので、なるべく早いタイミングで、シャンプーも揃えれるとヘアケアとしてはよりいいでしょう。

ストイックに最短距離でゴールを目指したい人は

過程の綺麗さは置いておいて、早く健康的な髪を目指したい意識の高い人は、

シャンプーを見直すと良いです。

極力負担をかけずに髪をしっかり洗い上げるシャンプーで、

髪の残留物を除去し、髪が傷んでしまう要素を極力排除して、

健康的な髪を目指しましょう。

生活の中で、これ以上髪をダメージさせたくない!って人。

こんな人は、洗い流さないトリートメントを見直してみましょう。

手触りや質感は、好きなものを選んで良いんですが、

ライフスタイルの中での、不必要なダメージからは極力髪を守ってくれるものを使ってください。

そんなのわからないって人のために、

参考にしてみてください!

カラーやパーマなどのダメージを極力させたくない人は

ライフスタイル以外で、受けてしまうダメージ(主にカラーやパーマ)を、極力抑えたい人は、

シャンプーを見直しましょう。

染めている時やかけている時ダメージは、美容師さん任せのとこがありますが、

その後の負担(残留成分とか、髪の不安定感)は、シャンプーで除去して、

なるべく早急に、髪の安定感を戻してあげましょう!

それ以外の人へ

なんとなくヘアケア意識してみようかな。とか、

特に今のコンディションに不満はないけど、より良くなればいいなー。とか、

気に入っているトリートメントの調子をずっと持続させたい。など、

上記の見出し以外の人も、シャンプーから始めるといいと思います。

髪のダメージがさほど気にならなければ、シャンプーだけでも髪は整います。

あとは、不必要にダメージさせない為に洗い流さないトリートメントを乾かす前などに付けてあげれば、

より良い状態に向かっていくでしょう。

最終的には、2種類、3種類と見直せたら最高ですが、

最初のスタートとしてどれから始めたらいいのか、

参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました