素髪の相性が悪いと思っている人が変えた方がいいもの

ヘアケア

Narucos labo.並びに私武藤啓は、シャンプー後の状態は素髪推奨です。

ただ、素髪がいいと言われたけどなんか手触り悪くなるし、

トリートメントしても満足出来ないって人もいて、

そういう人って、「私は素髪相性悪いんだな。」と感じて、シャンプーを変えたりしてしまいます。

シャンプーを変えるというのは、別に絶対ダメな事ではないので、

状況によっては、色々試してみるのもいいとは思うのですが、

この状況においては変えなきゃいけないのはシャンプーではないんです。

今回はそんな話をしていきます。

参考までに見てください!

シャンプーは出来たら変えない方がいい

素髪推奨派だからそういうんだろ!

と言われたら、まぁそうなんですが、

基本的に髪の質感を意図的にコントロール出来るのはトリートメントなので、

質感が好きじゃないと感じる人は、

シャンプーを変えるよりもまず、

トリートメントを見直した方がいいです。

しかも、内容成分うんぬんよりも、

単純によりコーティング力の高いしっとりする質感のものに変えてあげたりしたらかなり違います。

もうちょっと髪のコンディションが上がってきたら、

色々とこだわったものに変えてあげるとより良いかと思います。

Narucos labo.シリーズで言ったら、Naruを変えるより、ERuを見直した方がいいですね♪

変えるのはトリートメント!

上記の理由で、変えた方がいいのはトリートメントの方ですね。

でも、トリートメントは変えてみたけど、シャンプーからトリートメントをするまでの間の、

きしみやからまりが嫌で、そこも気になったりすると思います。

そもそもそれは今の髪のコンディションなので、

極端に洗浄力の強いシャンプーを使ってみたり、

皮膜や油脂の残留の懸念がなかったら、

すぐに良くなったりはせず、徐々に変わってくるものではありますが、

必ずいい方向へ変化していきます。

しない人は他で大きな原因があると思います。

なので、最初の軋みや絡まりは、ある程度理解して欲しい部分です。

そこから、頑張っていきましょう。

素髪にしないとそもそもの今の状態を把握できないので、

そこはしっかり把握できるようにしておきたいですね。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました