トリートメント・リンス・コンディショナーの違いを美容師と製作者の目線から解説。+製造元からの答え

ヘアケア

昔から今でも、よく質問される内容ですね。

手垢の付きまくった題材ではありますが、解説していきます。

美容師さんでも意外と分かってなかったりもあるので、

色々な角度から解説していきたいと思います。

一般的なトリートメント・コンディショナー・リンスの認識

ってこんな感じではないですか?

トリートメント・・・内部補修

リンス・・・表面のコーティング

コンディショナー・・・2つの中間

どうですか?

だいたい美容師さんも同じイメージだと思います。

自分も違いを聞かれたときはこう答えてましたね!

トリートメントとは?

この3種類のなかで、1番高級なイメージですね。

形状もしっかりしていて、値段も高くて、週一でしっかりケアしていく感じ。

内部補修に優れていて、髪を良くしてくれるものがトリートメントのイメージではないですか?

リンスとは?

3種類の中では、1番お手軽で毎日使っていくものですかね。

内部補修というより、髪の表面をコーティングして、キューティクルを整えて、

艶を出してくれるものがリンスのイメージでしょうか?

コンディショナーとは?

トリートメントとリンスの中間的な立ち位置です。

少し内部補修して、コーティングするというイメージを持ってる人多いと思います。

こんな感じで3種類を使い分けていってる人もいるでしょう。

製作者としての疑問

そんな中で、トリートメントのERuを制作する時に、

いろいろなトリートメント・リンス・コンディショナーを発注して、

調べていたのですが、

成分的なことで言うと・・・

「何が違うの?」

単純に思いました。

そもそも、サロンメーカーさんとかだと、

今、リンスとかコンディショナーとか、

ほぼないですね。

コンディショナーはたまに見かけましたが、リンスはないです。

(自分が見落としているだけかもしれないので、「ほぼない」です。)

しかも成分的なつくりを見ると、全然一緒です。

むしろ、「この作りだとトリートメントの方がコーティング力強くて、リンスみたいじゃん!」

とか、色々と???と言う感じでいました。

製造元の答え

まあ、それはそれで多少だろうな的な答えもあったので、

あまり気にせず、ERuを完成させたのですが、

このブログを書くにあたって、答えを明確にしたかったので、

お世話になっている製造元へ、

【例えば、ERuをリンスやコンディショナーという表現で売りたいと思った時に、

名称の申請とは別に、成分や使用感などに制限や条件はありますか?】

と送った回答が、

連続なのは、他の要件もあったからです♪

です。

要は、トリートメントだからこうでなきゃいけない!とか、

リンスだからこうじゃなきゃいけない!とかは、

一切ないと言うことです。

一緒でOK♪

結論

トリートメント・リンス・コンディショナーと分けているのは、

全て、

メーカーのさじ加減です!

美容師さんや皆さんの考えと同じように作っているメーカーもあれば、

全く無視されたメーカーもあります。

これをふまえて、上手にヘアケアと付き合えればと思います。

個人的には、何種類もトリートメントの類をつけるのは、

シャンプーに対して皮膜過多になって、残留の懸念があるので、

そもそもおすすめしません。

1種類で十分!

参考になれば、嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました